Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
第13回ミーティング
R0011759b.jpgR0011761b.jpg

朝から快晴の先週日曜。第13回「あやめの会」ミーティングでした。着物4名と洋服2名でいつもの店でのランチ。

我が家の寝室で4人で着付けをしました。朝日のよくあたる部屋なので暑かった・・!うわ言のように「・・ビール・・・」と繰り返しながら着付ける女たち(笑)
[第13回ミーティング] の続きを表示する
スポンサーサイト
モロッコ料理の夕べ
DSCF3694.jpg土曜の夜、以前ウチへ和食を食べにきてくれたDとTの家に招待されました。彼らはベルギーとモロッコのカップルで、モロッコ料理でのおもてなしでした。

DSCF3693.jpg7時頃到着して、ゆっくりとアペリティフを取ってテーブルに着いたのが9時頃。

アミューズとして、Tの手作りタプナードをケシの実付きのパンにつけていただきました。にんにくたっぷりで、塩加減もほどよく、絶品でした。

前菜にはブリック。鶏肉と春雨入りのと、サーモンとチーズ入りのでした。時々レストランで出てくるブリックよりも油っこくなく、軽くて食べやすかったです。何油を使っているのか、今度聞いておかなくちゃ。
[モロッコ料理の夕べ] の続きを表示する
ブリュージュを散歩
しばらく続いた暑さがおさまって、少し肌寒くなった日。夕方そのままオランダへ向かうシゲ君と一緒に、ブリュージュへ行ってきました。昨年の秋に行って以来でした。

いきなり10度近くも気温が下がると「気温15度のときって何着てたっけ・・」と分からなくなってしまいます。挙げ句に厚着になりすぎたり薄着過ぎたりと、失敗がつきもの。この日は「涼しそうだけど沢山歩くしなー」ということであまり厚くない上着で行ったら、寒かった(泣)

R0011745.jpgそれから、毎回行く前にもう少しブリュージュの歴史など勉強しなきゃ・・と思いつつ、結局そのままダラダラと散策する、というか狭い道に迷い込んでしまいます。ガイドとしては全然役に立ってなくて、ごめんねシゲ君。

半日しかなかったので動く範囲も限定して、運河巡りも今回は省略。代わりにフルーニング美術館に立ち寄ってみました。ベルギーを代表する画家たちの作品が集められていて、特に宗教画が多いのが特徴です。

そしてランチを取ろうと適当な店を探しましたが、高級店かいかにも観光客向けの店かにハッキリ分かれてしまっていて「普通においしそう」な店があまりないことに気づきました。
[ブリュージュを散歩] の続きを表示する
Lola
わりと知られている店なので、今更という感じもしますが。

これまで何度か予約を入れて、なぜかその度に約束がキャンセルになってしまったため、ずっと行けなかったLola。日本から遊びに来てくれたシゲ君を連れて、今週やっと行くことができました。

職業柄、舌の肥えているシゲ君に、昨年の京都案内のお礼に何を食べてもらったらいいか・・と考え、「月曜の夜空いている店」「シーズンなのでアスパラが食べられる店」という条件で絞って探してみました。

そしたらLolaでこの時期「アスパラガス・フェスティバル」と銘打ってアスパラを使った品々をまとめてメニューに載せていることが判り、即決定しました。

DSCF3682.jpgDSCF3684.jpgDSCF3685.jpg

アントレにはもちろん、3人ともアスパラを。私は好物のオランデーズソース、シゲ君はフラマン風(ミモザソース)、ニコラはオランダのReypenaerチーズと溶かしバターがけ。アスパラの栽培で知られるベルギーのマリーヌ(メヘレン)産でした。瑞々しく柔らかく、食べ応えがありました。オランデーズソースは自宅で上手に出来たためしがありません。久々にたっぷり味わえて幸せ。
[Lola] の続きを表示する
初夏のような週末
土日は両日記録的な夏日となり、ブリュッセルでは28.5度まで上がりました。買い物に出かけると、ノースリーブの人が沢山!近所の八重桜も満開で、その下で老若男女が日光浴をしていました。

土曜は身体がだるくて、先週に引き続きちょっとペンキ塗りをしたくらいでしたが、日曜はだいぶスッキリ起きれて、ペチュニアを追加で種まきしたり、あまりにもお天気がいいので、リビングのカーテンを洗濯しました。白いカーテンなのに、2年以上も洗ってなかったので・・。
[初夏のような週末] の続きを表示する
Bal des Vampires - BIFFF
先週金曜日は、tomoさんのお誘いでBIFFF(国際ファンタスティック映画祭)に行き、"The Return"を観てきました。

この日は13日の金曜日だったこともあり、22時から仮装コンテストを含むパーティが開かれていて、仮装した人たちがウヨウヨいて、ハロウィンのようでした(tomoさんのレポートに写真入りで様子が書かれています)。ときどき仮装したスタッフ(?)による余興も見られました。

夜中には結構な人出になっていたものの、今年から会場として使われているTour & Taxiは、広々しているので以前と違って歩きやすかったです。
[Bal des Vampires - BIFFF] の続きを表示する
Met Jeaninne
DSCF3646-1.jpg近所に住んでいるけどあまり会っていないベルギー人の友達カップルと、4人で食事に行きました。

お店は2年くらい前に行ったきり、名前が変わってからはまだ行ったことがなかった、Met Jeaninneです。電話番号も以前と同じだし内装もほとんど同じなので、経営者は変わってないのかな。

DSCF3649.jpgウチから歩いて10-15分のところなので、晴れだし歩いていきました。友達カップルの家からも距離は同じくらいなのですが絶対車で来るだろうと思っていたら、案の定でした。普段から「運動不足だ」とか「太るから生クリームはやめとこう」とか、「明日は仕事だし、運転するから飲まない」とか言うわりにはほとんど歩かないし、甘い飲み物ばかり飲んでいる人たちなのです・・(笑)

ある夏の夕方、一緒にアイスクリームを食べに行ったときも、彼らはやたら大きいのを頼んで、その代わり夕食は抜くとか言っていて、そのまま夜まで同じ店に居座るつもりだったらしいので、「私らはちゃんとご飯食べるから・・」って言って先に帰りました。やっぱり基本はちゃんとした食生活だと思うのですよ。言ってもダメだったけど。
[Met Jeaninne] の続きを表示する
帯下締め
R0011712.jpg先日の歌舞伎鑑賞でデビューさせた帯下締め。市田ひろみをはじめ、数々の着物通がお勧めしているアイテムです。タオル2本と腰紐1本で簡単に作れるのもいいところ。

手ぬぐいに近い規格の日本のタオルがやっぱり理想的で、胴を余さず一回りできて、幅も補正にちょうどいい大きさです。

手元にある数少ない日本のタオル。できれば白いタオルを表に出したかったのですが、大きめに文字などが入っていたので、色は濃いけど無地に近いこの青いタオルを出すことにしました。どうせ着物や帯で隠れてしまうので、なんでもいいんですけど。
[帯下締め] の続きを表示する
連休はBricolage
R0011705.jpg昨日はイースターマンデーで、3連休でした。たっぷり時間があるので、前から計画していた模様替えを一部決行。

まずはダイニングに食器棚となる家具を置きました。土曜に買いに行き、土、日に分けて組み立てました。この棚はシリーズ終了目前だったらしく40%以上オフになっていて、思いがけず270ユーロもの節約となりました。

とりあえずキッチンに収納してあったグラス類をみんなこちらに移動して、キッチンの整理に半日費やしました。キッチンはスッキリ片付いたし、これで新しい食器も買い足せると思うと、ホクホクです。
[連休はBricolage] の続きを表示する
球根モノ
アマリリス!と思って買ったのですが、あれ??咲いたのはもうちょっと小ぶりの花。アマリリスの一種ではあるのだろうけど。

これが一鉢あるだけで、灯りがともったように部屋の中がパッと明るくなります。やっぱり春はこのくらいの華やかさがないと。

週末出かける前くらいに完全に咲いてしまいそうだったので、留守の間に満開だったら勿体無いと思いましたが、まだしばらくは咲いていてくれそうです。

R0011670.jpg来年も咲かせるにはどんな管理をしたらいいのか調べてみているんですが、「球根でなくて鉢植えで買ったものを翌年咲かせるのは難しいので、捨てましょう」って書いてあるところを発見・・。鉢植えのものは、早く花が付くように特殊加工を施されているので、普通の管理方法じゃダメなのだとか。

日本語で検索して出てくる情報では、お礼肥えと株休めさえきちんとすればなんとかなりそうなのに。日本で出回るものとでは、出荷前の処理がそんなに違うのかなぁ。

こんなに立派に咲いているのだから、このまま捨てるのは可哀相。一応、できるだけのことはしてみます。
おやつ三昧
エイプリルフールにちなんだ、魚の形のガレットを見つけたので買ってみました(なぜ魚なのかは過去記事参照)。

食べたのは今日じゃなくて、2-3日前なんですけどね。中身はフランジパンで、ちょっと温めて美味しく食べましたが、自家製の方が(市販のパイ生地とはいえ)やっぱりバターの香りが強くて好きだなぁ。

R0011695-1.jpg今週末はパリで買ってきたラデュレのマカロンをおやつに。人にいただいて食べたことしかなく、初めて自分で買ってきました。ニコラはどれを食べても何味とか全然わからないし特にコメントもなし、というくらい無関心なのですが、一応半分こして食べました。

今回、実はラデュレで朝食を取ってきたのですが、内容がショボくて驚きました。ミニ・ヴィエノワズリー(クロワッサンやブリオッシュ、デニッシュなどはパンではなくこの部類です)の盛り合わせとテーブルパンにバターとジャム3種、オレンジかグレープフルーツジュース、お茶かコーヒー。以上。
[おやつ三昧] の続きを表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。