Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
第28回ミーティング
DSCF3624b.jpg
それぞれの夏休みが入ったりして8月は見送ってしまった着物ミーティング。9月の会も、当初予定していた日がノーカーデーにあたったりして、月末ギリギリに開催することになりました。

不安定な天候のせいで今年の3月から、おかずやおやつの持ち寄りでインドアなミーティングが続いていましたが、今回久々に外でランチに行きました。いつもの店ですが。
[第28回ミーティング] の続きを表示する
スポンサーサイト
お彼岸です
DSCF3622.jpg先週は少し明け方冷え込んで、出勤するころ息が白い日もありました。ここ数日で巷のブーツ人口も激増中。秋ですねぇ。

熱いお茶が美味しい季節。今年もお萩を作りました。

いつも餡子ときな粉なので、たまには黒胡麻のも食べたいのですが、黒胡麻、ずっと切らしたままです。

ケシの実の方が簡単に手に入るので、いつかあれも使ってみようかな。ケシの実じゃお萩って言わないのかな?でもきっとおいしいはず。
Les 3 Brasseurs
R0012461.jpgR0012462.jpg

よく撮れた写真ではありませんが、先週末フランス・リール在住の友人Jに会いに行った時の食事。以前ご紹介したフラムクーシュです。

入院中の身内の見舞いついでに、リールへ足を伸ばすことにしたのですが、この週末は国内外からものすごい人が集まる、年に一度の「リールの蚤の市」にあたっていました。延べ100kmに及ぶ道という道に店が立ち、3百万人が集まる世界最大の蚤の市で、中心街などは人だかりで碌に売っているものも見えず、歩くのがやっとなほど…。
[Les 3 Brasseurs] の続きを表示する
秋の気配
DSCF3582.jpg独りの週末のお昼ご飯。エビチリたまご丼と、水菜&わかめの中華スープ。

以前ここでは食べ物の話をよく書いていたので、去年食品に関わる会社に転職が決まった頃から、ここで書く内容を自分の中で色々限定しました。もともとあまり仕事のことは書かない場と決めていたし。そしたら書くことがなくなっちゃって(笑)、というか「これは書こうか、書くまいか」と考えるのが面倒になって、どんどんブログ離れ。よそのブログもあまり読まない時期が続きました。

最近になってようやく、また色んなブログを読むようになってきたし、ここにも書こうかなと思うネタ(他愛ないけど)が浮かんで来るようになりました。ご無沙汰だったmixiも時々開けるようになったり。ネットでの社交性が徐々に戻って来た感じ。

なにが変わったんだろう。
[秋の気配] の続きを表示する
空き瓶入れ
DSCF3603.jpgずっと欲しかったTubtrugsのバケツ。ネットで購入するにも、ベルギーやフランスにも発送しているお店は色のチョイスがものすごく少なかったり、サイズもよく分からなくて長いこと迷っていました。イギリスの製品なのに、日本の方が色とかフタとかやたら揃ってますよね…。

ホームセンターで思いがけず発見し、即買いしました。何に使いたかったかというと、空き瓶入れです。

ゴミの分別で、瓶類は洗って近所の空き瓶専用コンテナに捨てに行かなきゃいけません。と言っても、ウチのマンションの場合、全てのゴミは地下室のゴミスペースに分別して置いておけば、そこから先は管理人さんが運んでくれるので楽なのですが。その地下に持って行くだけの作業でさえ、なかなか億劫で瓶を溜め込んでしまうことがしばしばでした。

というのも、空き瓶を入れるちょうど良い入れ物がなかったから。プラスチックの四角いケース(日本のビール瓶ケースみたいなの)は、かさ張る上に可愛くないし、ビニール袋も安定が悪いし。結局空き瓶をキッチンの片隅にまとめて並べていて、邪魔になって来たら丈夫なビニール袋に入れて下まで持って行く、という流れでした。

Tubtrugsだと、どんどん放り込んでおいて、取っ手を掴んで持って行くだけなのでかなり手間が省けるし、丈夫なので破れる心配もなく、ちょっと瓶が濡れていても気になりません。

お店にはLサイズしかなくて、ちょっと大きいのでホントは目立たない色が良かったのですが、赤、オレンジ、ピンク、紺のみの中から、赤にしておきました。今度はベランダガーデンの土入れとしても、ひとつ欲しいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。