Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
在外、または元在外の友人達へ
震災、津波、原発事故と、どこかの無防備な小国だったら、どれかひとつでも起きたら数年は立ち直れなさそうな三重苦が日本に降り掛かって2週間が過ぎました。長いながい2週間でした。

在外邦人の中には、直接被災した身内はなくても心配になり、日本にいる家族に西や国外へ避難するように勧めた方も多いと思います。私もその一人です。

私たちには被災された方々やそのご家族のような切迫した苦難はないまでも、だからこそあまり声高にできない葛藤がありました。最悪の事態に備えずあくまでも普通の生活を続けようとする日本の家族に相対し、国内と国外の報道の温度差や、価値観の違いからくる衝突や苦悩があり、同じような境遇同士で連絡をとり支え合いました。2週間経ったいまも日本のニュースを逐一追い続け、不安、無力感、焦燥感を抱え、心晴れない毎日を送り、辛そうな様子で連絡して来る人が後を絶ちません。

この記事の後半で書くのは、あくまでもそうした一部の方々と共有したい私なりの答えです。15日に第2号機の爆発音が確認された辺りでの政府と東電の対応に呆れてしまい、その日は多忙でニュースがほとんど見れずにいて、そのとき頭にある材料で少し考えてみた事柄です。

チャットや通話だとどうしても思いをまとめて伝えるのが難しく、断片的になりがちなので、最近一人の友人に宛てたメールに少し手を加えた文章(なので出だしが唐突)ですが、一度ここに書いておこうと思います。文字の色を変えてある部分です。
[在外、または元在外の友人達へ] の続きを表示する
スポンサーサイト
2011/03/26(土) | ちょっとマジメに | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。