Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
フェアトレードショップで
20050211180427s.jpg着物に合うバッグを日本で買わなかったのを、後悔していました。スーツケースはどうしても必要なものだけで一杯だったので諦めて来ちゃったのでした。

地味なバッグなら普通のでも合わせられるとタカをくくっていましたが、ナイロンのや持ち手が皮のはやっぱりちょっとヘン。着物のコーディネートには、意外とバッグも大事なのでした。

それで今日会社帰りに、アジア風にアレンジした服や小物を売っている店に寄ってみました。チベットっぽいフェルトのポシェットとか、キルティングのように綿を入れた絹の短めショルダーしかなく、ハンドバッグは無し。どれもそれぞれ可愛いけど、着物に合わせるには今ひとつです。

「やっぱり自分で作るしかないのか…面倒くさい…」と思いながら歩いていたら、一軒のフェアトレードの店を発見。
20050211180543s.jpgイギリスではかなり目立っていたこの手の店が、ようやくブリュッセルでも増えてきました。Oxfamも数店舗あります。あちらほどセンスのいい店がまだ少ないですが。今日見つけたこの店は、タイ製品を扱っています。

で、ここにあったんです。使えそうなバッグが!30ユーロと予算内だったので、買ってしまいました。黒と朱色で迷った挙句、無難な黒に。

手作りっぽいのにちゃんと内側にはポケットがついているし、開け閉めがしやすいのも気に入りました。早まって自分で作らなくて良かった!

帯揚げに使えそうな可愛いスカーフもありましたが、今日のところはバッグだけで我慢です。

また着物でのお出かけが楽しみになりました。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/103-972f9497
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。