Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
第18回ミーティング
DSCF3845b.jpg9月末日。今月も白さんのご自宅でミーティングでした。先月のメンバーから、本帰国されたAさんを除き3名。そしてランチではなくお茶会ということに。

初めは先週末に集まるつもりで、秋分の日なのでおはぎを!と思っていたのですが、先週日曜はノーカーデーだったので1週間延期。

DSCF3844b.jpgちょっと遅くなっちゃったけどおはぎと、白さん手製のかぼちゃプリン(ムース)、さちさん手製のお焼き(中身が切り干し大根のと、茄子のでした)、塩昆布、ゴーヤチップスと共に和風のお茶会となりました。

今回はさちさんが自分でお太鼓結びをやってみることになり、畳の上を3人でぐるぐる廻りながらそれぞれ着付けたり手伝ったり。楽しかったです。どうして「女子更衣室」というのはあんなに笑いが絶えないのでしょうね。

DSCF3843.jpgさちさんも2回目の参加にして、着物や帯の構造などをどんどん覚えていっているようで、頼もしいです。

私はずっと前に購入してあったポリ紬をおろして(まんまと掛け衿のしつけ糸が残っていたのはお約束!)、こちらもずっと前にオークションで購入した菊柄の名古屋帯を初めて締めました。一応、秋を意識です。

どちらも組合せに悩んで使えずにいた色柄でしたが、合わせてみるとそれほど違和感もなく‥これが着物の不思議なところです。
DSCF3846b.jpg初めてのお太鼓柄帯をぶっつけ本番で使うなんて、前は怖くてできませんでしたが、最近はもうなんとかなるわ~とだらけて当日に組合せを考えたりしています。きちんとした場所に着ていくときは、こんなことしちゃいけないのでしょうけど・・。

普段はもっぱら後からネットで覚えた「折り上げ」式で締めているけど、ちょっとこの帯は短いなと思ったら教室で習った「ねじり」式で締めれば大丈夫。あとは引き抜きだけ覚えればとりあえず名古屋帯はどうにでも対応できそうです(引き抜きの帯、いまは確か持ってませんが)。

柄の出し方も、どこで調整すればいいかが分かればそれほど難しいことではないし。ここまで来て、やっとお太鼓なら心配ないと思えるようになりました。そろそろ他の結び方も覚えていくべきなんだろうな。でも、覚える前からお太鼓が一番好きだったりするので、当面はこればかりだと思います。

ていうか帯はとりあえずいいから、やっぱり補正を極めねば・・。今回も胸の補正を省略しているので、ひどい状況です。反省してます。

白さん、お邪魔しました&ご馳走さまでした。楽しくて長居してしまってすみません。お2人ともお疲れさまでした!またよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/06(土) 22:56:35 | | #[ 編集]   
> AKIさん
コメントありがとうございました。
また時々覗きに来てくださいね。
2007/10/07(日) 17:53:56 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/1032-8f7fcbca
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。