Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
SPUD'S
DSCF4122.jpg昨日で仕事納めでした!週末も含むと、こんなに早く年末休みに入ったのは初めてです。

そして知り合いご夫妻とニコラと4人で、夕べも忘年会でした。お互い家が近所で、今回のお店も近場にあるSPUD'S。ちょっと暗めだったのであまりいい写真がなくて残念。

今年の初めに自宅でご馳走してくださったAurelien POIROT氏がシェフをやっているお店です。あれから奥さんのayatinさんとは何度かランチやお茶をしましたが、Aurelienさんには初めて再会。

実はあのとき聞いた話からj勝手に想像して、かなりのお値段だと思っていたので怖くて行けなかったのですが、この秋新しくなったというメニューは、ずいぶんリーズナブルな値段設定になっています。

一緒に行った知り合いご夫妻もオープン時から気になっていたけれど、彼らはいつもブリュッセルに住んでいるわけではないのでなかなか機会がなかったとのこと。

2008年版のGuide Henry Lemaire(ベルギーのレストランガイド)で、Hof Van Cleve、Sea Grill、Comme chez soiと並んで9.5点という快挙。Bruxelles Ni vu ni connuという、ブリュッセルのレストランガイドでもお勧めの店に選ばれています。

ず~っと行きたかったこのお店に、やっと行くことができました。
DSCF4124.jpgSPUD'Sというのはジャガイモの意味だそうで、ジャガイモを使ったお料理やデザートが沢山。ちょっと重いイメージでしたが、どの品にも「ジャガイモがこんなに上品になるんだ…!」と驚きました。

前菜には4人ともジャガイモのクリームを注文。ムール貝とアルデンヌハムが使われていて、ベルギーらしい組み合わせ。ムースのようにふわりとしたジャガイモのクリームが、ものすごく軽い口当たりでした。

素材の意外な組み合わせにも、無理やり感がなくて好印象。Sea Grillだと、使ってある材料を少しずつ全部一緒に口に入れて初めて「あ、こういう味の料理なのね」とわかるようなところがありますが(美味しいんですけどね)、ここのはどこから食べてもそれぞれの素材の味と味付けが楽しめて、もちろん全体でもバランスの取れた味になっているのが、凄いと思いました。

メインにはそれぞれバラバラのものを頼み、全員が目を細めながらいただきました。私のは鴨肉で、ソースは1月にいただいたものに少し似ていて、お、この味知ってる!と嬉しくなりました。付け合せのかぶとイチジクも、丁度良い味付け。全体に味が濃すぎないのは、日本人に向いているかも。

実は一緒に行ったのはお菓子系の某MOF(フランス最優秀職人の称号、またはこの称号を持つ職人)とその奥様で、舌は確かだし普段から美味しいものを食べつけているお2人。思ったことはハッキリ言うタイプですが、この日はお互いの料理を少しずつ分け合いながら細か~く吟味した上で、どこをとってもゴマカシがない、と絶賛していました。そして、ここは料理で世界旅行を味わえるね、とも。

お腹がいっぱいでデザートにはシャーベットをいただき、これも食べたことのない風味ばかりで楽しめましたが、「ジャガイモのステーキ」というのをちょっと分けてもらって、次回はこれにしようと決めました。リ・オ・レみたいな感じだけどとってもあっさりしているのです。お通しのマグロのタルタルの、醤油ベースで甘辛く懐かしい風味も良かったし、食後に出てきたホワイトチョコのムース+抹茶ソースも、コーヒーと一緒にいただいたチェリーのムースも、口どけがよく甘すぎず、絶妙でした。

お喋りが盛り上がっているうちに、11時を過ぎて知り合いの奥様がとっても眠そうになってきて、店をあとにしましたが、色々特別にサービスしてもらったので、やっぱり最後にシェフにテーブルまで来てもらってお礼を言えばよかったなと、後悔。

Sofitelホテル内のお店なのでホテルの地下駐車場に車を停めましたが、暖房器具などの配管がここを通っているお陰で駐車場全体が暖かく、帰りに凍るように冷たい車に乗ることにならずに済みました。夜外に車を出しておくとガビガビに霜がついてしまう時期ですからね。

DSCF4130.jpgせっかくなので今回は着物で行きました。京都で買った牡丹柄のやわからものと、まあ袋帯まで出すことはないだろうと思い、壺柄の名古屋で。

知り合い夫婦はフランスxベルギーカップルで、日本へは何度も行っているけれど着物をこんなに身近に見たことはなかったそうで、すごく喜んでくれました。私はいつもパンツばかりなので、「別人だね…!ニコラは奥さん2人いるみたいだね」って言ってました(笑)

こういう風に喜んでもらえると、普段忘れない程度に練習している甲斐があるなと思います。SPUD'Sはウチからバス1本+ちょっと徒歩で行けるところにあるので、そのうち着物の会でも使わせてもらおうと思っています。

前述のガイドLemaireでこんなに高得点の店がこんなに近所にあって、プライベートでも手の届く値段だなんて(Sea GrillやComme chez soiは、仕事じゃないと行けませんから!)、素晴らしい。もっと早く行けばよかった~。そしてこれからも、ときどき行かなくちゃと思いました。今度tomoさんをランチに誘おう‥。

SPUD'S
Sofitel Brussels Europe
Place Jourdan 1(お店の入り口はChaussee d'Etterbeek 226)
1040 Bruxelles
Tel: 02 235 51 00
営業時間 12~14:30、19~22:00
土曜昼、日曜定休
こちらに、お店やお料理の写真が多数出ています。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
んまそ。
読んでたら行きたくなってきました。目を細めながら吟味してみたいですね。
2007/12/22(土) 17:21:15 | URL | つるぼ #-[ 編集]   
> つるぼさん
私以外の食べていたホタテもマグロも子豚の腿も、非常に美味しそうでした。
ぜひ行ってみてください。
2007/12/22(土) 19:54:17 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
妻ayatinです。こんなにお褒めの言葉を頂いて、ブログで宣伝していただいて、旦那のことですが嬉しい限り、ありがとうございます!また、メニューも変わると思うので、ぜひ行かれるときはお声をかけてくださいね。またメールします~。
2007/12/24(月) 00:22:53 | URL | ayatin #-[ 編集]   
> ayatinさん
ホントにおいしかったです。
やっぱりご主人に声かけてから帰ればよかったな。
どうぞよろしくお伝えください。
またきっと友人を誘って行きますので!
2007/12/24(月) 12:14:22 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/1050-74bdef56
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。