Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
持ち帰ったもの その4
xd-gp7250.jpg今回日本で絶対買って来ようと決めていた、カシオ電子辞書 Ex-word XD-GP7250

電子辞書自体、初めて買いました。

便利そうだなとは思っていましたが、どうせならやっぱりフランス語が入ってないと。これまでもフランス語辞書の入ったモデルはありましたが、初級学習者向けという感が強く、敢えて高いお金を出して買う気がしなかったのです。

というのも、圧倒的単語数を誇る『小学館ロベール仏和大辞典』を学生の頃から持っていたし(これまでの職場にも大体あった)、普段の携帯用には小さい辞書も持っていたので、わざわざ新しいのを買うほどの必要性も感じていなくて。

ところが今の仕事では出張が多くて、しかも出先で調べたい単語(技術的な用語とか)が出てくる場面もあって、事情が変わってきたのです。
DSCF3517.jpgどうしようかなと思っていたところ、この2月に発売となった本モデル。前述の『小学館ロベール仏和大辞典』がそのまま入ってます(写真参照。マウスはサイズ比較用に置いてみました)。仏英、英仏(オックスフォード)や英和大辞典(ジーニアス)も入っているのが頼もしいです。

しばらく使ってみた感想は、やっぱり便利!ということ。

大辞典は机の上でもかさばるから、手帳くらいのスペースで幾つもの辞書が使えるのはいいですねー。タッチパネルは大きめなので、スタイラスも不要だし。使う辞書をボタン一つで選んだら、瞬時に立ち上がるので、待たずに調べたい単語を入力できるし。間違って別の辞書から入ってしまっても、単語入力中に別の辞書に切り替えができるから、また一から入力し直さなくても済みます。以前よりこまめに辞書を引くようになったかも。

不便だなと思う点も、いくつかあります。

和仏と和英はなぜか中辞典レベルしかないので、ちょっとモノ足りません。旅行会話集とかカタカナスペリング辞典とかを入れる代わりに、これも大辞典にしてくれたらいいのにな、と思いました。これは別売りのカードで購入しろということなんでしょうけど。あとは、個別単語と成句は別々に検索しないといけないので、紙の辞書より一覧性に欠けますが、それも大してストレスにならない範囲です。

もう何年も自分の持ち単語を増やさなきゃなぁと思っていたので、いいタイミングで発売になっていてホントにラッキーだったな。『ロベール仏和』は、ページごとコピーしたい時などに使えるし、恩師から頂いたものなのでこれからも大事に使おうと思いますが、電子版はかなりヘビーに使いそうです。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
こんにちわ、ydrさん、この電子辞書の紹介、こんなのを待っていたんだ、という感じで参考になりました、が、私も多くの初心者の人同様、まだ半信半疑です。私は仏和は大修館の新スタンダード仏和辞典1987年版を長年使用していて、これで足らない場合にはプチ・ロベールの仏仏かロベールのポッシュのシノニム&ニュアンスで補っています。そんな私にもこの電子辞書の良さがわかるでしょうか? ポイント解説を宜しくお願いします。
2008/07/08(火) 19:34:02 | URL | ノラタマ #-[ 編集]   
> ノラタマさん
辞書って好みもあるし、学習するときに文学から入るか会話から入るかによっても、必要なものが違うので一概には言えないと思いますが…。
会話から入った私は『新スタンダード』は持ってても物足りなくて(例文が古かったり、新語に弱いので)あまり使わなかったです。
いずれにしろ『ロベール仏和大辞典』なら、かなりのところまでカバーできると思いますよ。
ただし仏仏やシノニム辞典の代替にはならないので、収録コンテンツとして入っている英仏や仏英でニュアンスを比べたりして、どうしても必要な時は従来通り紙の辞書を使ったり、もっぱらインターネットで補うようにしています。

あと私の場合は、辞書を引く頻度がかなり減っていたので(不要だからじゃなくて無精で…)スムーズに慣れることができたのかも知れませんが、普段からマメに辞書を引く習慣のある方は、切り替えるのに抵抗があるかも知れないですね。
円安なので「モノは試し」の感覚で買ったというのもありますが、私には良い買い物でした。
2008/07/08(火) 22:00:27 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
ご説明ありがとう!
私の場合、実は日本でロベール大辞典を買いそびれた(携帯が不便)せいで、同じ辞典のオリジナルを使用することになりました。私も辞書引きはおっくうで、でもなぜか引出すと読み始めてしまうのが、辞書活用例の最も悪いお手本だと思います。

それで結局、インターネット上の辞書が、例文量もそこそこだし、さっと見て終わり、なので、一番使用頻度は高くなっています。しかし、外出先で、インターネットもない場合、しかも日仏アテンドですぐに日本語が欲しい、という時には便利そうですね。英語の辞書も探しているので、グットタイミングの情報でした。Bonnes Vacances!
2008/07/09(水) 12:37:59 | URL | ノラタマ #-[ 編集]   
> ノラタマさん
そうそう、持っている辞書全ての代わりにはならないけど、やっぱり外出先で頼りになるってところが一番のメリットなのです。
そこだけ納得の上でお使いになれば、かなり満足できるのではないかと思います。
ノラタマさんも楽しいバカンスを!
2008/07/09(水) 12:45:47 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
フランス語
今週、娘のバレエの教材CDを作ろうとしていて、フランス語で、「バレエの基礎レッスン」という言葉を調べたのだけど、ネットでもなかなか探せないし、お手上げ状態でした。で、結局、「MUSIQUES pour la lecon de ballet」なんてしてみたんですけど、基礎、っていう部分も入ってないし、不安です(笑)
この記事を読んで、単語量を増やそうと努力を惜しまないydrさんを尊敬してしまいました。(フランス語ってチンプンカンプン!)
2008/07/19(土) 02:31:01 | URL | niko #-[ 編集]   
> nikoさん
教材をつくろうとしているnikoさんの方がすごいです!
私もダンス用語は全然分かりません~。が、レッスン用の音楽を集めたCDのタイトルだったらそのままでバッチリと思いますよ。そういうCD市販でもあるみたいだし。
「基礎」っていうのを入れたかったら、最後にDebutant、て付けとけば良さそう。「バレエのお稽古の音楽/基礎編」みたいな感じに。1文で続けると長くなって野暮ったいので。
2008/07/19(土) 07:31:37 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
なるほどーー
そういう、野暮ったい、とかそうでない、とかも解らないんで、そのまんま頂きます(笑)
教材と言っても、まんま、バレエのレッスン用の音楽を集めた(クラシックの)だけのCDです。
2008/07/19(土) 14:39:25 | URL | niko #-[ 編集]   
> nikoさん
お子さんのお稽古ごとに一緒に取り組んであげるというか、nikoさんご自身も色々勉強されていて、いつも偉いなぁと思います。
頑張って下さいね。
2008/07/19(土) 14:56:48 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/1076-c56812f6
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。