Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
175-25
今年はベルギー建国から175年、連邦政府制になってから25年で、記念のイベントが目白押しです。建国記念日は7月21日なので、夏までそんな話は出ないと思っていたのですが、今月から色々催しているんですね。パレ・デ・ボザールの写真展”マグリットの私生活”や、5月からですが自然科学博物館の”「ムール貝の謎」展”(笑)なんか、ちょっと面白いかもしれません。

175年って、確かに長いけどちょっと半端な気がします。25年を四半世紀と考えると確かに節目なんですけど。小さいのに言語も文化もバラバラでまとまりにくいこの国が、よくここまでもったなあ…というところでしょうか。

そんなベルギーらしいアンケートを新聞で見つけました。
● 「175周年の祝典は重要だと思う」と答えた人:
 ブリュッセル 79%、ワロン地域 69%、フランダース地域 48%

● 「ベルギー人であることを誇りに思う」と答えた人:
 ワロン地域 80%、ブリュッセル 78%、 フランダース地域 70%

● 「5年後、まだベルギーは存在すると思う」と答えた人:
 ワロン地域 74%、フランダース地域 70%、ブリュッセル 67%

● 「10年後、まだベルギーは存在すると思う」と答えた人:
 ワロン地域 63%、フランダース地域 57%、ブリュッセル 49%

● 「50年後、”当然”まだベルギーは存在すると思う」と答えた人:
 ワロン地域 31%、フランダース地域 26%、ブリュッセル 21%

● 「50年後、”たぶん”まだベルギーは存在すると思う」と答えた人:
 ワロン地域 32%、ブリュッセル 31%、フランダース地域 29%

● 自分のことをベルギー人、ヨーロッパ人、各地域民(フランダース、ワロン、ブリュッセル)のどれと感じるか:
 フランダース地域:ベルギー人(39%)>フランダース人(38%)>ヨーロッパ人(19%)
 ワロン地域 :ベルギー人(52%)>ヨーロッパ人(32%)>ワロン人(14%)
 ブリュッセル :ベルギー人(41%)>ヨーロッパ人(33%)>ブリュッセルっ子(16%)

● 生活のうえで大切だと思うこと:
 ワロン地域 & ブリュッセル : ユーモア
 フランダース地域: 衛生環境や健康

(回答者1.509名、投票権のある年齢層対象、1月末から2月頭にかけて行われたアンケート)


この「○○年後にまだこの国が存在するか」って質問と、消極的な回答、いいですよね…(笑)のんきというか。これも過去にいろんな国に占領されてきた国ならではの感覚なのかしら。EUが国境を限りなく薄くしていっているのは確かだけど、フランスやドイツのような大国では、50年先でも「あるに決まってる」とほとんどの人が言いそうです。

大雑把にワロンはラテン系、フランダースはゲルマン系の性格と言われます。このアンケートには、それが如実に表れている気がします。

ワロン地域(フランス語圏)のほうはベルギーが好きで、その将来もそれほど不安に思わない楽観主義。笑って暮らせればそれで良しって感じ。

それに対して向上心旺盛なフランダース地域の人々は、あまりベルギーのことが好きじゃなくて、足並みの揃わないこの国にイライラしている感じ。

「怠け者ワロン」と口に出しちゃうフランダース人を実際知っていますが、自分たちをワロンと一緒にして欲しくない、と強く思っている人は結構います。「自分はベルギー人である」と「フランダース人である」がほぼ同率なのを見ると、やっぱりという印象です。

「力があるのに、努力してるのに報われてない」という感情なんだろうなあ。実際、努力家の彼らがこの国の経済を引っ張って行ってくれている部分は大きいんですが。

もしこのまま200年目を迎えられたら、すごい事なのかも知れない。そのくらい複雑で難しい国です。政府が5つもあるんですからね…。そんなことを念頭に置きつつ、今年のイベントにはいくつか足を運んでみようかと思います。

参考:
Le Soir 17 Feb. 2005 "Bon anniversaire"
Le Soir 17 Feb. 2005 "Les Wallons les plus fiers"
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
ラテンとゲルマン
 ベルギーって政府が5つ(!)あるんですね。初めて知りました。勉強になるなあ…。
 アンケートを見ると,それぞれ個性ある人たちが1つの国を構成してることがよくわかりました。ゲルマン系のフランダース地域の回答が,固いというか,堅実な感じがするのを見て,やっぱりドイツやオーストリアと同じ系統の人たちなんだなあと実感。先入観もあると思うんですが,「国民性(民族性?)」って不思議ですよね。

 それとは全く関係ないですが,昔ブリュッセルでボウルいっぱいのムール貝を食べさせられた記憶があります。"「ムール貝の謎」展",興味アリです(笑)
2005/02/20(日) 19:05:31 | URL | 摩周 #LmMdU2V.[ 編集]   
Re: ラテンとゲルマン
分け方によって3つとか4つとかも言われているみたいですが、国内で実際によく聞くのはベルギー連邦政府(これが他の各政府を内包する形の省もあるみたい)、ブリュッセル首都圏政府、フランス語圏政府、オランダ語圏政府、ドイツ語圏政府という5つの分け方です。この国には、ものすごい数の大臣がいるんです。

ムール貝は、1人前1キロが標準です。特盛りの1.5kgを出す店もありますよ。
結構食べられちゃいますよね。
「ムール貝の謎」、行ったらレポートしますのでお楽しみに!
2005/02/20(日) 19:28:38 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
ムール貝の謎、知りたいです
私もムール貝の謎、興味深々です。フリットの歴史とかいう展覧会はまさかないですよねーー。
確かにフランス人に100年後フランスはあると思うかたずねたら「あるに決まってるが、なんでそんなこと聞くの?」とでも言われそうです。日本だって100年後にどうなってるかはわからなくてもなくなるとは思えませんよね。面白い話題でした。
2005/02/21(月) 13:40:42 | URL | ふらんす #-[ 編集]   
Re: ムール貝の謎、知りたいです
フリット展、やっててもおかしくないですね(笑)
「ムール貝の謎」展は、なかなかそそられるタイトルでズルいなあと思っていたら、英語のタイトルは「Simply Mussels」、フランス語は「Moules nature」でした。だいぶ違いますよねえ。
ともかく5月が楽しみです。


2005/02/21(月) 21:08:31 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
誰かムール貝の謎・・
誰かムール貝の謎展行った方いらっしゃいます?どんなイベントなんだろう、、、、そしてそこにはどんな謎が、、、ムール貝好きには気になります。
2005/05/20(金) 13:55:07 | URL | jem rock #4myf/Hek[ 編集]   
Re: 誰かムール貝の謎・・
気になりつつも、まだ行っていないんです。
今週中にも行こうと思っているのですが。
行ったら新規記事でご報告しますので、お楽しみに。
2005/05/24(火) 11:07:14 | URL | ydr > jem rockさん #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/109-e191ed7f
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。