Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
下地塗り
R0012490.jpgR0012491.jpg

壁塗りです。まずは床を汚さないようにビニールシートを敷き、マスキングテープで固定。天井との境目にもテーピング。

そしてまた問題発生…(笑)

土曜日、ホームセンターへ塗料を買いに行ったとき。やっぱり下地を塗ってからきちんと仕上げたいと言う私と、壁に張り巡らせたガラス繊維シートがしっかりしているから塗料がよくつき、下地の役割も兼ねるに違いないというニコラ。

下地も結構なお値段で、充分な量を買うと60~70euroもします。一抹の不安を残しつつも、無駄だと言われるとそんな気もして、下地を買わずに帰って来てしまいました。

そして日曜の朝、塗料を直接塗り始めると、まさにガラス繊維シートの性質によるものなのか(表面がツルツルではなくザラザラで、網目のように透けた素材)、塗料の着きは良いけど伸びがものすごく悪いのです。
この部屋の壁面積の2.5倍分の塗料を買ってあったのですが、2度塗りどころか1度塗りだけでも、これではとても足りない感じ。しかも色が思っていたのと大分違って、オフホワイトにしたかったのに、かなり濃いベージュでした。

一旦作業を中断して話し合い。「やっぱり下地は塗った方がいい」「色ももっと明るい色にしたい」という結論に至りました。

塗料については幸い、昨年キッチンの壁に使われた塗料が大量に余っていて(新品のと使いかけの)、地下室に保管してあったので、全部使えそうな状態であることを確認して、これを使うことにしました。色は真っ白。でもまあ、この小さな部屋を明るく広く見せたい訳だから、これで良いよね、と。

そして下地。買いに行くにも日曜日なので店も開いておらず、一旦諦めましたが、市内に日曜でも営業しているお店を見つけ、雨の中行ってみました。伸びの悪さを考えて、ガラス繊維シートを一辺切り取り、店の人に見せてアドバイスを仰ぎ、壁面積の3倍近い分の下地を購入。日曜に開いている店だけあって、とっても高くつきました(やっぱりね、最初にケチったのがいけなかったんだよ、ニコラ!)。

R0012493.jpgところがこれも非常に伸びが悪く、実は水で薄めて使うのかも?と思ってよく容器を見ましたが、そのまま壁に塗るようにと書いてあり、頑張って塗装用のローラーを絞るようにして塗り付けてみても、最後あと少しと言うところで下地が底をついてしまいました(3枚目の写真)。あの店には小容量の下地はおいていなかったので、後日別に店に行くしかありません。そんなわけでこの日は、お昼過ぎには作業終了。せっかくの日曜なのに、もったいないなぁ。

しかも翌日の月曜は、ストライキでホームセンターや塗料屋が軒並み閉まっていて苦労しました。夕方あちこち廻って6軒目(閉店間際で無理矢理入店させてもらった)で、やっと小容量の下地を購入することができました。

月曜の夜、ようやくめでたく下地塗りが終了。やっと色塗りです。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/1094-33554664
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。