Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
ひとまず仮免…
今日で10日間の休暇も終わりです。こんなに休んだのは久しぶりだな~。そんなに休んで何をしていたのかというと、火曜日から金曜まで午前中だけ近所の自動車学校へ通い、学科試験の準備をしていました。そして今朝受験して、無事合格しました。これから技能のほうが始まりますが、とりあえずこれで、役所で仮免の申請をすることができます。

去年の秋から本を買って自分で勉強しようと思っていたのですが、なかなか頭に入らなくて、やっぱり集中して勉強しないとダメだと思い、仕事がやっと落ち着いたところで学校へ行くことにしたのでした。

1日3時間、合わせて12時間のコースで85ユーロ。家から徒歩10分のところにある学校でした。こういう学校は沢山ありますが試験会場はブリュッセルに2ヶ所だけ。その会場も家からトラムで3駅と、わりと近くて助かりました。受験料は15ユーロ。
学校のほうは、先週の受講者は私を含めて4人でした。ブラジル人一名、コンゴ人二名に、日本人の私。

私以外は自分の国で運転免許を持っていた人たち。そして口をそろえて「自分は運転できるんだから、勉強する必要はない」と、免許書き換えを認めてくれないベルギーに文句タラタラ。コンゴ人の一人は、向こうではタクシー運転手をしていたこともあり、大型車用免許まで持っていました。

でも実際講習が始まると「高速道路には制限速度がない」とか(制限ないのはドイツです…)、「坂の途中ですれ違う場合、優先性は上っているほうにある」とか言い出すし、標識の意味もメチャメチャな解釈をしているしで、言っちゃ悪いけど私より交通ルールを知らない人たちでした。

講師に訂正されても、悪びれずに「でも私はいつもあの道ではこうやって運転してるけど」と、普段無免許でベルギーで走っていることを暴露してます…(笑)実際、無免が見つかって警察からこのコースと試験を受けるよう言われて来たという人もいました。

前にも書いたかもしれませんが、ベルギーでは60年代頃まで運転免許制度がなく、免許は車を買えば、もしくは役所に行って申請すれば入手できるものだったそうです。その頃の感覚で、ちょっとそこまで行くだけだからと無免許で運転してしまう人がまだいたり、外国人で自国の免許を持っているだけで(切り替えの手続きをせず)運転して良いと思いこんでいるケースもあり、無免許率はまだ高そうです。

英仏蘭語のどれも通じない外国人も沢山います。試験はこのほかドイツ語でも受けられ、申請すれば他の言語で受けるか通訳つき(追加料金あり)で受けることができますが、講習を英仏蘭語以外でやってくれる学校はほとんどないので、やはり言葉のできない人には高い障壁です。

週末、フランスの番組でしたが、たまたま運転免許の実態を語ったドキュメンタリーをやっていました。

フランスはベルギーより学科試験の合格基準が高く(40問中37問正解が必須。ベルギーは32問)、技能試験も厳しい上、受験はいつも予約が一杯で数ヶ月待ちになることもあるため、気軽に取れるものではありません。

予約が一杯というのは試験官の数の不足も意味していて、深刻な問題になっています。学科試験も、変にひねった問題に当たったら3問間違えるくらいは誰にでもあり得るので、ある程度運もあります。

それでも車なしでは仕事ができない状況も多いため、やむを得ず80万人が無免許、30万人が偽の免許証で運転していると推定されているそう。

運転経験がある人が「こんな試験受けてられるか!」って思う気持ちは分かります。かといって、「自分は運転できる」と息巻いていてもやっぱり交通規則を理解していない人も実際にいるわけで、やっぱり免許は取るべきです。

ベルギーの免許合格基準は近隣の国より甘いので、EU内でのバランスを取るため近年中に厳しく改正される予定ですが、厳しくするだけだとフランスみたいに無免許率を上げる原因になりそう。勉強したり試験を受ける環境を整えてからにして欲しいものです。

banner_04.gif  <- 応援クリック、ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
フランスでは日本の免許があれば手続きを踏んでフランスの免許に交換してもらえますので取り直しの必要はありません。それに期限も書き換えもないのでみんな別人28号みたいな写真のついた免許を持っています(30年前の写真付きとか)よね。運転も昔のように車が少なければそんなに危険もないですが、パリのように車も人も過密なところではそれなりに運転技術、標識の知識が必要です。かくいう私も日本の免許は持ってましたがこちらでも実地だけは教習受けました。でもパリ市内の運転は避けてます・・・。
2005/04/06(水) 11:19:57 | URL | ふらんす #-[ 編集]   
ベルギーも書き換え制度はありますが、書き換えてもらえるかどうかは元の免許証の発行国によります.基準は知りませんが、ダメな国は結構多いようです(日本は大丈夫)。
一旦取得したら一生有効というのは、やっぱり不安ですよね…特にパリやブリュッセルは、ジャングルですから。
日本の制度は面倒そうだけど理に適っていると思います。
2005/04/06(水) 12:42:26 | URL | ydr>ふらんすさん #L.iXitw2[ 編集]   
初めまして。
アメリカのニューヨーク州中央部に住んでいるてんとう虫娘と申します。ニューヨーク州は免許の書き換えは出来ず、さらに1年以上滞在する人しか免許を取ることが出来ません。なので滞在期間1年未満の私は国際免許で運転をしています。
アメリカの運転事情についてトラックバックさせていただきました。
よければお時間のあるときに私のブログにもお越し下さいませ。
2005/04/06(水) 21:41:51 | URL | てんとう虫娘 #c2NEF5rk[ 編集]   
はじめまして。TBとコメントをありがとうございました。
なるほど、国際免許証と現地の免許証の違いが分かりやすい決まりですね。
フランスとベルギーという隣同士の国でも微妙に交通規則が異なりますし、
道を走る方向が違う国だと勝手がかなり違うと思います。
慣れてしまえば大したことないのでしょうが、今から色々不安です・・・。
2005/04/06(水) 21:48:22 | URL | ydr>てんとう虫娘さん #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/152-320e9fe6
≪この記事へのトラックバック≫
昨日に引き続き、NY州の運転事情についてお話します。こちらでは1年以上の滞在期間がないとNY州の運転免許を取る事ができません。・・・で、1年以上滞在しない私は国際運転免許証で運転しています。つまり、NY州の道路交通法を何にも知らなくても運転できてしまうわけなんで
2005/04/07(木) 05:35:24 | てんとう虫娘の耳袋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。