Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
即席帯板
DSCF1237s.jpg DSCF1238s.jpg
小さい頃は手芸より工作のほうが好きでしたが、大人になるにつれて手芸の方が必要に迫られてやることが多い気がします。着物を着るようになってから、縫い物などに没頭するのもよい気分転換になっています。

先日締めた正絹の袋帯は、普段使っているポリエステルものより柔らかくて、短い帯板を入れると形がくっきり見えてしまいます。でも長めの帯板は持っていないので、即席で作ることにしました。今回は工作です。
帯に差し込むとき滑りやすいように、プラスチックのクリアホルダを使いました。2枚合わさっているL字部分を切り落とし、2枚とも角を丸く切り込み、半分に折るだけ。これを重ねてちょうど良い長さに調節して、帯にそっと差し込みます。

市販の帯板より柔らかく頼りないですが、要は帯締めで締めあげた帯にしわが寄らない程度に補強できればいいのかな・・・と思い、とりあえず今回はこれで出かけました。痛くもならず、楽でした。この中に、しなりやすい厚紙を挟めばもうちょっと帯板らしくなるかも。

長めの帯板を、いつかは買わなきゃと思っていましたが、もういいや(笑)どうせ見えないところだし。買う道具は少ない方がいいもんね。

日本にいると近所の呉服屋や呉服コーナーのある大型スーパーでさえ小物がすぐ揃いますが、このあたりでは手元になければ日本から取り寄せるか作るしかありません。

バスグッズのヘチマさえ見つければ、夏用の帯枕も自分で作れそう。アイデアを凝らして少しずつ道具を揃えていこうと思います。

banner_04.gif  <- 応援クリック、よろしくね。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/171-342e343e
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。