Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
結局いつもの日曜
キャッシュカード(クレジットカードでなく)で日常の買い物ができるベルギーにいると、現金を持ち歩く必要があまりありません。最初の頃こそお財布は必ず持って出かけていましたが、1年もしたら小さなカード入れだけで済ますようになりました。今日はそれでひとつ失敗…。

今日はブリュッセルの展示場でアウトレット祭りのようなものがあり、朝から行ってみました。ところが寒空に横5列 x 300mほどの行列に20分も並んで、入り口に来たら、入場料は現金しか受け付けていないことが分かり、そのまま帰ってきたのです。

ブリュッセルはATMの数も極端に少なく、あっても近くに車が停められるような場所がないことが多いし、これも長蛇の列ができていることがしばしば。これはホント、この街の不便なところです。
このイベントは、数日前から広告が出ていたものの、入場料はどこにも書いてありませんでした。それにこういう展示会場でキャッシュカード払いができないなんて、初めて。なに考えてるんだか。私たちと同様の人が沢山いたようで、みんな怒って帰っていっていました。

そもそもアウトレットといって幾つかのメーカーのロゴを連ねてはいるけれど、子供服もあるのか、男性ものもあるのかなど、誰でも考えそうな情報が皆無の広告が、中途半端な感じ。もちろんWebサイトもなしです。

明日が祭日で長い週末なので、たまには日曜でも出かけようと思ったのが失敗だったのかしら。

家でお昼を食べて、気を取り直して今夜は劇でも観に行こうかということになりました。気になっていた催しをネットで調べてみると、予約が必要みたい。電話したら留守電。日曜だからね。おまけにその劇場がそもそも日曜に開いているのかどうかも、どこを探しても載っていません。

仕方がないので劇場まで行ってみると、閉まっていました。週末に開いていなくてどうするんだ。アーティストも公務員と同じ時間帯にしか活動しないのかこの国は…。

やっぱりベルギーってオーガナイズや宣伝が下手だと思います。先週パリに行ったばかりなので、つい比べてしまうんですが。

パリなら日曜祭日でも(メーデーを除き)劇場はよく人が入っているし、地下鉄や街中に広告が沢山出ているから、素人でも気軽にカルチャーイベントに関心が持てます。そして東京みたいに高いお金を出さなくても、質の高いアートに日常的に触れられるんです。パリに限らず、フランスなら地方都市でもここより娯楽が充実しています。

「ベルギーには5つも政府があってそれぞれに金食い虫なので、文化活動などに投資する余裕がない」と、ことあるごとにベルギー人たちは言います。そして多くのベルギー人が、こんな制度は馬鹿げているし税金の無駄だと思っているようですが…もうちょっと文化的な豊かさがあればなあ。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/199-2a1339cc
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。