Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
カード社会
ずっと家にいたので夕べ初めて知りましたが、土曜の夕方、ベルギーはちょっと大変なことになっていました。クレジットカードやキャッシュカードでの買い物がフランスやドイツよりも一般化しているベルギーで、このキャッシングシステムの中央管理サーバーが16時から19時までダウンしたのです。

タイミングの悪いことにこの日はサン・ニコラの直前であり、12月に入ると同時にクリスマスの買出しに行く人も多く、普段の週末よりもカード払いの率が高く、たちの悪いトラブルとなってしまいました。


19時には復旧したとされていますが、19時まで開いているお店なんてごく僅か。午後じゅう店を回って、さあ選んだものを買おうと思ったら支払えず、結局何も買わずに帰った人がかなり出ました。平均20%の売り上げ減ということで、システムを導入している小売店は損害賠償を請求中です。

12月最初の週末は、どの店でもクリスマス向けの商品が出揃っているし、いいものが残っているので、多少混んでも毎年クリスマスの買出しをしに行くと決めている人が多いです。

クリスマスまではまだ間があるからいいとしても、サン・ニコラのお菓子やプレゼントがもらえなかった子供もいるんだろうか?(サン・ニコラの存在をまだ信じている子には、こういうとき説明に困るだろうな…)それともこの時期は日曜に開けている店もあるから、なんとかなったのかな。

普段は土曜の午後によく買い物に行くのですが、ちょっと風邪っぽくて家でダラダラしていたのです。私も現金はほとんど持ち歩かないので、かえってラッキーだったかも。

クレジットカードがらみで別の話題ですが、先月「日ごろなんでも簡単にクレジットカードで購入する習慣が浸透しすぎている。消費嗜好に歯止めをかけるため、金銭感覚を人々が失わないために、定期的にノークレジットカード・デーをもうけたらどうか」なんて提案を行政がしていました。これも小売店の反発が凄そうです(笑)

個人的には、ただでさえ商店の営業時間が短くて買い物がままならないと言うのに、カード禁止デーなんてやめてよね、と思います。「消費は悪」という考え方が根強いのも、カトリックの国の特徴です。悪いのは消費という行為全般じゃないと思うのですが。

このほか最近大手電気店で発覚して問題になったクレジットカードデータ漏洩・悪用事件も鑑み(ベルギーではクレジットカード使用時に身分証を求められることが他の国に比べて少なく、チェック体制がかなり甘い)、やっぱりいざという時のために少しは現金でヘソクっておいた方がいいかな?なんて思っています。

Source:Le Soir en ligne "Mystère Crash chez Banksys"
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
それで、ごった返してたのか。。
なんか、夕方、そと出歩いていたんですが、レジとかでもめてたり、、、
日曜日は、いつも静かなのに、昼過ぎても、マーケットの駐車場が大渋滞だし、客は多いし、、、

クリスマスイブは、ブリュッセルは、またストするらしいし、、、

ベルギーは地理的には、EUの中心であって、先進国のはずなんだけど、、、
なんだかなぁーと思う今日この頃。

謎がとけました。 ありがとうございました。
2004/12/08(水) 22:31:23 | URL | 小便小僧 #-[ 編集]   
小便小僧さんこんにちは。
ストが長引いて困りますよね。道路工事も多いから、車ならもっと身軽に動けるかというと、そうでもないし。スクーターが欲しくなってきましたよ。
2004/12/09(木) 11:58:10 | URL | ydr #-[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/24-ba0af912
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。