Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Chateau de Fougeres
chateau fougeres 2B&Bのオーナーに、中世の城が好きだと話したら、近くのフジェール城に寄るように勧められました。地図を見るとそれほど遠回りでもないので、行ってみることに。

chateau fougeres 3 porte nd実は昔フジェールのはずれにすむ友人Cがいて、遊びに行ったことがあったのですが、お城のある市街地の方には行ったことがありませんでした。最後にフジェールに行ったときは、前々回の大統領選挙で、投票所に連れて行ってもらったりしたので、今回も私の中では、フジェールは選挙のイメージでいっぱいでした。普通の古くて小さな街なのですが。

フジェール城は聞いたとおり、塔や城塞がきれいに残った、中世のお城のイメージにぴったりのお城でした。予定に入れていなかっただけに、嬉しい発見です。
chateau fougeres 110世紀から13世紀にかけて、何度か崩されながらも建立され続けたとのこと。

試行錯誤を重ねながら作られ、階段や壁も凸凹して上りにくい史上初の円形ダンジョン(主塔、主天閣)と、その1世紀後に作られた同様の円形ダンジョンが並んで建っていて、外からみるとはあまり違いがないけれど、中に入ると後から作ったほうが技術が格段に進んでいることが分かりました。

galette fougeres古い石の壁の隙間からあちこち、シダ(Fougeres)が生えていました。そのまんまだなあ。

城から、高台になった街のほうを眺めると、窓がなくて空き家と分かる建物がいくつも見えました。「あそこからならこの城全体が見渡せて、絶好の眺めなのに、もったいない!お金があったら買いたいね」なんて夢のような話もして…。

隅々探検するだけでお昼になってしまいました。お城を眺めながらガレット(そば粉のクレープ)とシードルを堪能。


スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/246-9d542eda
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。