Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
買っちゃった
parasite会社帰りに『寄生獣』フランス語版1-9巻をまとめ買いしました。最終の10巻発売が来月上旬に決まり、ようやくほぼまとめて読める見通しが立ったので、待ちきれずとりあえず9巻まで買ってしまったのです。

実は日本語版で全巻持っているのですが、ニコラにも読ませたくて。

ベルギーに来た3年前はまだ翻訳版は英語しか出ていませんでした。その後フランス語版が出るかどうかも分らず、一時は英語版を買おうかとも思ったのですが、翻訳版はたまーに出版打ち切りになることもあるし、最終巻が出ないことには安心できず、そのうちフランス語版も出始めて、今まで待っていたというわけです。長かった。

そこまでするかと自分でも思うものの、この作品は別格です。もう滅多にマンガ買わないんですけど。
最終巻の出た94年、講談社のナンバーワンセールスだったとか。しかもマンガ以外の全てのカテゴリを含めて。雑誌ではズルズル引き延ばされた感じの連載ばかりになっていた中で、珍しくまとまりよく話が完結した幸運な作品としても、当時絶賛されたのでした。

日本のマンガの翻訳版を扱うフランスの出版社でアルバイトをしていた頃、「これ翻訳しましょうよ」と何度か提案したのですが、当時はまだ可愛らしいアニメ絵ばかりが受けていた時代で「これはフランス市場には早すぎる」と却下されたのでした。

今日行った本屋では店員が「これ面白いよね。来月最終巻が出るからね」というので、「何年も前から待ってたんですよ」と言うと、「そんなに昔の作品なの?10年前?知らなかった。なんで今頃出たんだろう」って。ホントにもう、早く出しときゃよかったのに。

もう何度も読み返しているのに、今でもやっぱり面白いです。ニコラも早速読み出して気に入ってくれたらしく、長年待った甲斐がありました。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/271-942f703b
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。