Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
バカンス計画・つづき
ノルマンディ&ブルターニュと、方向だけ決めたものの、ノルマンディ在住の友達に会い、帰りにパリの友達にも会うという以外は、具体的に目的を決めていませんでした。

それから各地域のB&Bを覗いてみたいと漠然と思っていたので、調べてみたら軒数はかなりあります。
「2人1週間で250ユーロ」などのプロモーションもあたってみたのですが、そういうのだと希望通りの出発日や宿泊日がなかなかありません。

宿泊先から先に決めると動きづらそうなので、まず訪問地を絞るため、前から行きたかった2箇所、Le Clos Arsene LupinLa foret de Paimpontをメインに廻ることにしました。

ノルマンディはサン・マロやモン・サンミッシェルが人気のスポットですが、もう行っちゃったし混んでそうだし。

Le Clos Arsene Lupin(アルセーヌ・ルパンの館またはルパン荘)は、モーリス・ルブランが20年以上を過ごし、ルパンシリーズをほとんどここで書いたという邸。博物館みたいになっています。

La Foret de Paimpont(パンポンの森)はアーサー王伝説の聖杯物語の舞台となる森で、多くの伝説が生まれたところ。かつてブルターニュのほぼ全体が森だった頃の名残でもあります。この森を含んだ周辺地域はブロセリアンドの名で呼ばれ、この名の方が有名です。

ちょっと文学ツアーみたいになってきました。ルパンシリーズとアーサー王伝説、おさらいして行かないと。計画たてる段階から楽しくて、こういうのも結構いいかも。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/272-c9c37d64
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。