Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
キーボードの違い
20041211165125s.jpgマイ・ニュー・マシンのキーボードはAZERTY*です。この写真です。下の写真はニコラの。フランスから持ってきたやつで、同じくAZERTY。

ずっと前にも書いたような気がしますが、フランスのAZERTYとベルギーのAZERTYは、同じではありません。一応フランス語配列がベースになっているのでほとんど一緒ですが、記号の位置などがちょっとずつ違うのです。

20041211165139s.jpgベルギーの(私の方)は@が数字の2のところにあって、デフォルトではシフト+このキーで出ます。フランスの(ニコラのほう)は、数字の0のところにあり、Alt+このキーで@を出すのです。ブラインドタッチで済むようなテキストだけなら配列はどうでもいいのですが、たまにしか使わない記号やアクサンが入ってくると、やっぱり戸惑います。

私たちはベルギーに来るまで、隣の国ではフランスのと違うAZERTYを使っているなんて知りませんでした。ベルギーの人たちも意外と知らないみたい。なぜこんなことになっているかというと、フランスのに比べて、ちょっとだけオランダ語のキーボードに近づけてあるのだそうです。

有名な話ですが、そもそもキーボードの配列が各国で違うのは、タイプライターを使っていた時代の名残。キーを叩くとその先の、先端が各文字の形に彫ってあるアームが跳ね上がり、インクリボンを通して文字を叩きつけるように紙に文字を打っていたわけです。あまり頻繁に使う文字ばかりがスムーズに打ちやすいところに並んでいると、アームが降りてこないうちに次の文字のアームが跳ね上がってしまい、アーム同士がぶつかってしまう恐れがあるので、使用頻度の高い文字同士は流れ打ちがしにくい位置におかれるようになりました。

それぞれの文字の使用頻度は言語によって違うため各言語で配列が違うのですが、アームが無くなってしまった今、電子キーボードでこの配列を使い続けるのはあまり意味がありません。というか本当は効率が悪いのですが、長年使い慣れてきたキーボードを一気に取り替えるのも、コストがかかるのでどうにもならないといったところでしょう。

一応、世界共通で使える効率のよい配列がいろいろ開発されてはいます。なかでもDvorak配列というのが有名ですが、Windowsならこの配列が追加できるようになっているので、試してみるのも面白いかもしれません。

Windows XPの場合:スタート>設定>コントロールパネル>地域と言語のオプション>言語タブ>詳細>追加>キーボードレイアウト/入力システム・・・リストの中に、「米国 Dvorak」とあります。

そのほかのOSの場合はこちらで探してみてください。

* QWERTYと呼ばれる英語キーボードベースのものに対し、フランス語キーボードをベースにしたものがAZERTYで、上から2列目のキー配列のはじめの6個をさした呼び方です。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
いろんなキーボードがあるのですね
初めまして。
ドボルザークDvořák配列は知ってましたがフランスでもqwertyだと思ってました。
問題はキートップですね。そんなの書いてないから…。
その昔ASCII配列キーボード使ってたときキートップの表示と入力できる記号が微妙にずれててとってもストレスだったことを思い出しました。

#マイブログリストに登録してくださいましてありがとうございます。こちらからも登録させていただきますね。
2004/12/12(日) 16:13:57 | URL | ダイアモンド #3UQi044M[ 編集]   
Re: いろんなキーボードがあるのですね
わっ。ダイアモンドさんだ!実は「つれづれなるままに」はlivedoorのころから拝読しています。いつもランキング上位でいらっしゃったので。

そういえば日本でもいくつか違う配列がありましたね。気をつけないと意図しているのと全然違う単語が画面にでるから、スリリングですよね。会社でQWERTYも使うことがあり、日常的に色んなキーボードを使うようになってから、タイプスピードがガタ落ちです。

マイブログリストへのご登録、こちらこそありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
2004/12/12(日) 18:27:54 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
ベルギーで違うとは
同じフランス語圏なのにキーボードが微妙に違うとは知りませんでした。キーボードメーカーも大変そう・・・。
2004/12/13(月) 09:44:10 | URL | ふらんす #-[ 編集]   
Re: ベルギーで違うとは
ではスイスはフランス語とドイツ語キーボードの中間なの?というのがひそかな疑問です。(ご存知な方、教えてください)
せめてEUで統一したほうが、メーカーも製造しやすいし何かとコストが抑えられそうですけどね。じゃあどこのに合わせるんだ?って話になると、延々と決まらないのでしょう。
2004/12/13(月) 10:37:21 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
上位って(;´Д`A ```
プロ野球事件の前には多少ランクインしたこともありましたけど、そんな上位にいたわけではありませんし。ちょっとこそばゆいです。
fc2にはランキングないようなのでのんびり好きなこと書いています。
2004/12/14(火) 17:45:01 | URL | ダイアモンド #3UQi044M[ 編集]   
Re:上位って(;´Д`A ```
いやいや、 「あの方」に指名されるくらいですから、やっぱりすごいです(笑)
とはいえ気軽に書くのが一番と思いますので、これからもマイペースでいって下さい。また寄らせていただきます。
2004/12/14(火) 22:13:21 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
そうそう!!
あれは正直びびりました。なにゆえ私が…。古狸だったからでしょうけどね。
あれでうちのブログにもアクセスの嵐が❤と思ったけど、残念ながら皆さんスルーされてるようでした。やはり一つ前のエントリへのTBが失敗だったかな、なんて思ったりして(笑)

関係ないお話してごめんなさい。
2004/12/15(水) 01:19:10 | URL | ダイアモンド #3UQi044M[ 編集]   
使用頻度の高い文字同士
「アーム同士がぶつかってしまう恐れがあるので、使用頻度の高い文字同士は流れ打ちがしにくい位置におかれるようになりました」っていうのは、1930年代にAugust Dvorakが新しいキー配列を考案した際、既存のキー配列を攻撃するために言い出したいわばイチャモンで、実は根拠がないようです。詳しくはhttp://slashdot.jp/~yasuoka/journal の「QWERTY配列に対する誤解」をごらん下さい。
2005/03/31(木) 10:20:48 | URL | 安岡孝一 #eioMINxA[ 編集]   
Re: 使用頻度の高い文字同士
なるほど、そうだったんですね。安岡さん、情報ありがとうございました!
数字とのキー共用からQWERTY配列が決まったというのは、説得力のある話で興味深かったです。
ただ、AZERTYの根拠がわからなくなっちゃいました…。
既にテレタイプの段階で国(言語)によってこんなにも違いがあったのでしょうか??
2005/03/31(木) 11:44:18 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
AZERTYのテレタイプ
実はフランスではテレタイプがあまり普及しなかったようです。というのも、フランスではJean Emile Maurice Baudotの印刷電信機がテレタイプより前に普及してしまっていて、タイプライターにおけるAZERTY配列(私の知る限り1910年発売のJapyは既にAZERTYだった)が、電信の分野には入り込まなかったようなのです。ちなみにBaudotの印刷電信機については、http://kura.hanazono.ac.jp/paper/20040609yasuoka.pdf の図3をごらん下さい。
2005/04/01(金) 07:29:11 | URL | 安岡孝一 #eioMINxA[ 編集]   
Re: AZERTYのテレタイプ
#返コメントが遅くなってすみません。

そういうことなんですか。常々コンピュータの世界は規格統一性が低くて不便だなあと思いますが、キーボードだけをとっても、昔からこんなに入り組んだ事情があったんですね。
2005/04/02(土) 15:38:20 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/30-30f040df
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。