Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
ザ・ロイヤル・パヴィリオン
9dc42d14.jpgブライトンのシンボル的モニュメントの一つである、ロイヤル・パヴィリオンに行きました。

古くからリゾート地として栄えたブライトン。ジョージ4世がこの地を気に入って、建てた離宮がこのパヴィリオンです。今では有料で中を見学できるようになっています。素敵なティールームもあります。

インドっぽい外見も派手ですが、中国様式をふんだんに取り入れたユニークな内装もすごかったです。豪華絢爛、これでもかという飾りぶり。

あまりゴテゴテしているのでヴィクトリア女王はこの離宮を好きではなかったそうです。即位後ここにあった家具などは一時期みんなバッキンガム宮殿に移動してしまい、まったく訪れなかったそうですが、確かにこれだけ成金趣味に飾ってあると落ち着かないだろうなと思いました。

面白かったのは、柱や手すりや家具などあちこちに竹を使ってあるのですが、実は本物の竹ではなくマホガニーなどの高価な木を、細工して竹に似せてあるということ。ホントに、良くみるとニセモノです。

ガイドの話がよく分からなくて、当時竹が入手困難だったからなのか、竹はあるけど安物だから嫌で敢えてこんなことしたのかは不明です。すいません。

スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/348-149d18c5
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。