Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
La Legende du Patinage Amiens
20041219172116s.jpg夕べはフィギュアスケートのGalaを観に、フランスのアミアンまで行きました。ブリュッセルからは約250キロ。フランスの街はどこもクリスマスムードで、アミアンのデコレーションもなかなか素敵でした。

20:30-22:30と遅めのショーだった上に、終わってから楽屋でまたお喋りをしてしまったので、帰ってきたのは夜中の1時過ぎ。スケーターたちにも「え、このためにわざわざ来たの…?」と驚かれましたが、車で行ける範囲で週末にある彼らのショーは多分今シーズン最後なので、頑張って(と言っても運転したのはニコラだけ。お疲れさま…)行ってきたのです。

今回はご贔屓のサラ・アビトボル&ステファン・ベルナディスに加え、日本でしか会ったことがなかったヴァネッサ・ギュスメロリとスタニック・ジャネットもいたので、花束も4つ持って行きました。

写真と簡単な解説つきのプログラム冊子が、1部5ユーロで販売されていました(ネットで購入すると12ユーロ)。しかも中休みとショーの後にサイン会まであって、お得感いっぱい。普段は誰がどの順番でどの演目をやるのか、予告さえなしのことが多いので、日本みたいなサービス&オーガナイズにちょっとビックリでした。

途中スポットライトの故障があり、暗がりの中で司会が歌を歌ってつなぐという事態になりましたが、おおむね順調に終了。サラとステファンの「Matrix」が初めて見られて良かったです。

楽屋へ行くと長野五輪出場のドミニク・ドゥニオがいたので、声をかけたら向こうも覚えていてくれました。長野のすぐ後にコンペに出るのは辞めて、今はベルシーのスケートクラブで振り付け士をやっているのだそう。

五輪に出るほど才能があっても、ステップアップするチャンスに恵まれなかったり長く続けられない人も沢山いるわけで、スケートが好きで、プロで続けられている一握りのスケーターたちは、ホントにラッキーなんだと思います。特にサラは怪我を乗り越えてきているので、滑る姿を見るたびに「また滑れるようになってよかったね」と思わずにはいられません。今シーズン始まってから、1度しか自宅に戻っていないと言うサラ。仕事が沢山入っているのはいいことだけど、あんまり無理しちゃダメですよ。

先週エッフェル塔の1階部分にできたスケートリンクのオープンイベントでエキシビジョンをやったサラとステファン。メチャメチャ寒かったそうです。そりゃ外であのコスチュームは、寒いよね…。

リンクの上の彼らには相変わらずうっとりさせられます。来年は日本を含め世界中を回るツアーに参加予定だそうなので、見に行けるかどうか分かりません。次にいつ会えるか分からないけど、まだまだ滑り続けて欲しいものです。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/38-645e89df
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。