Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
フィンランド1日目
23日は移動がメインの日でした。朝からフィンランドへ。パリの公共交通機関がストライキということで、渋滞を懸念して早めにホテルを出ました。ヘルシンキに着いたのは3時前でしたが、メンバーの一人の手荷物を紛失され、ゴチャゴチャやっていたので3時半ごろ、迎えに来ていた取引先の車に乗り込み、ヘルンキから内陸へ300キロほどのある街へ、直行です。

周りが針葉樹林だらけの、いかにも北欧な高速道路を走っていてまず気づいたのは、バイクが一台も走っていないこと。さすがに寒くて走れないのでしょうね・・・。そして、3時半ですでに外は暗くなり始め、どんどん夜になっていきました。車の中でも熟睡。途中でトイレ休憩&コーヒータイムも入り、目が覚めるたびにあまりの暗さにもう真夜中のような感覚になっていましたが、まだまだ夕方なのでした。これって、すごく調子狂います。
取引先のゲストハウスに宿泊する手筈になっていて、6時半ごろそこへ到着。8時前後にまた別の場所で会食の予定なので、それまで男性は別棟の湖畔のサウナへ(温まった後、やっぱり湖に入る人もいたらしいです)。日本なら食事・カラオケのところ、サウナでおもてなしというのが北欧らしいなと思いました。私ともう一人、お疲れ気味だった上司がゲストハウスに残り、取引先の女性スタッフもジョインしてお酒を飲みながら待機。

このゲストハウスがすごかった!(写真がなくてスミマセン・・・)昔その会社の副社長の邸宅だったという建物は、森と湖に囲まれ、1階部分に玄関ホール、広間、居間、ベランダ(日本で言うサンルームのようなもの)、大きな厨房、食堂と寝室が4つ。各寝室にはベッドが2つから3つと応接セットがあり、それでもガランとしていました。もちろん各部屋にバスルームとトイレ付き。広間にはグランド・ピアノ、食堂には何メートルもあるテーブル。まさに豪邸でした。2階建てなのですが2階部分は見せてもらっていません。地下にはサウナもあるそうです。

その昔、企業名義で幹部に瀟洒な家を持たせるのが珍しくない時代があったそうで、法律が改正になりこういうケースへの課税が厳しくなったため、社長の家は売られて美術館となり、副社長の家をこうしてゲストハウスとして使っているとのこと。歴代の社長たちの肖像画があちこちに飾られていました。

サウナから戻った男性陣を含め、フィンランド人4人と日本人4人で、また別棟のレストランへ。レストランといっても、市のコンサート・ホールとしても使われていて、2階部分に大小の食堂と応接間がある、これも豪華で大きな邸宅を貸切にしたような形。ここでフィンランド料理をごちそうになりました。

前菜はロシアから受け継がれた一皿で、大き目のブリニース(ロシアのパンーキ)にタラコに似た魚卵(ニシンの卵と言っていたので数の子のはずなんです、ピンク色で数の子より軟らかで、タラコそっくりでした)、スモークサーモン、サークリーム、みじん切りのオニオンを好きなだけ載せて食べるというもの。これだけでお腹いっぱいになりそうでしたが、タラコ(のようなもの)を大きなスプーンでざくざく取って食べられるのには感激でした。

メインディッシュはヘラジカのローストにグレイヴィーソース。クランベリーのソースを好みで添えて。ハーブを和えたポテトのソテーも。ヘラジカから狩りの話になり、フィンランド人のメンバー全員が毎年狩りに行くと行っていました。鹿だけでなく熊も結構出るのだとか。デザートは森の果実たっぷりのアイスでした。

DSCF1844.jpgちゃんとワインも飲みつつ、誰かが何か喋るたびにウォッカで乾杯という、すごいノリで食事を終え(笑)、みんなで応接室に移って午前1時までウィスキーを片手に色々と語り合いました。一応アテンドの立場上、私はほとんど飲みませんでしたが。

最後に一人ずつ、フィンランドの工芸品などのプレゼントもいただきました。私にはmarimekkoのポーチ。時間があったらショップを覗きたいけど、それが叶いそうにないと思っていたので、とても嬉しかったです。

この日は疲れてゲストハウスへ戻ってすぐに寝てしまいました。2日目につづく。

banner_04.gif <- 人気ブログランキング。励ましのクリック、いつもありがとう。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
おかえりなさーい。フィンランドの豪邸に泊まってみたいです。サウナもあって交渉もスムースに進みそうですね。私は近場の出張がチョコチョコありますが、フィンランドとか羨ましいです。それじゃあ今度はうちにも遊びにきてね。クリスマスはフランスですか?
2005/12/01(木) 01:04:17 | URL | kj #-[ 編集]   
> kjさん
イギリスも羨ましいです~。
フィンランドは次いつ行けるかわかりませんが、ゆっくり過ごしてきたい場所です。年とってからでもいいなあ。
クリスマスはまだよく分かりません。たぶんずっとベルギーです。
2005/12/01(木) 08:56:09 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
ニコラさんの実家はどちら?私は夫家族とパリです。猫をどうするか?連れて行くかどうか悩んでいます。出張はまだ続いていますが、年末に溜まった休みをドバッととろうと考えています。お互い寒いけど頑張りましょうね、それじゃあ良い週末を。
2005/12/02(金) 22:35:37 | URL | kj #A1vz8dvw[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/591-ad1d1635
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。