Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
王様のガレット
20050108185516s.jpg一週間、あっという間でした。覚悟はしていたものの、仕事がかなり溜まっていました。年末に最大限やっつけておかなかった自分のせいでもありますが。入社以来一番よく働いたかも…(笑)

6日(木)はエピファニー(公現祭)でした。王様のガレットを夕食後に食べようと思って買っておいたのに、突然接待の食事に同行することになり、帰りが遅くなってしまいました(泣)。そんなわけで今年は7日に食べました。全然七草粥の代わりになってませんけど。

王様のガレットとはパイ生地の丸いお菓子。中身がりんごの物と、フランジパンと呼ばれるアーモンドフィリングの物があります。パイ菓子ではなくブリオッシュを使う地域もあります。

このガレットには紙製の冠がセットになって売られています。ガレットをみんなで分けて食べて、フェーヴが入った部分に当たった人が冠をかぶり、その日一日王様か王妃になれるというやつです。フェーヴとはソラマメのこと。現在ではたいてい陶器の小さな人形が入っています。日本ではやらなくても、このお菓子のことはわりと知られていると思います。

我が家では今年もニコラがフェーヴを当てました。でも王様になった人はお妃を選ぶ(王妃になった人は王様を選ぶ)ことになっているので、どっちが当たっても結局私たちは王様と王妃なのです。

今回のフェーヴはアニメ「東方の三賢者」のキャラクター「ヘロデ王」を模ったものでした。写真のがそうです(笑)。家庭によってはフェーヴをコレクションして飾っています。
エピファニーとはギリシャ語で「出現」を意味する言葉。東方の三賢者バルタザール、メルキオール、カスパーがイエス・キリスト生誕のお祝いに駆けつけたのが1月6日とされています。カナの婚礼の奇跡(水がワインになったという例のやつ)が起き始めたのもこの日ということになっています。

5世紀ごろにはエピファニーが祝われるようになっており、その昔クリスマスのお祝いは、キリスト生誕前夜から始まり、25日から数えて12日間続き、この1月6日で締めくくられるものでした。

キリスト生誕の12月25日より、1月6日の公現祭の方を重要視している地域もあります(スペインの一部、アルメニア、コーカサス地方など。ドイツ、スペイン、イタリアとスイスの一部は祝日です)。これらの地域では古いしきたりの通り、プレゼント交換は1月6日に行われることがあります。東方の賢者が贈り物を持ってきたのがこの日だからです。

ちなみに賢者の持ってきた贈り物は、黄金、乳香、そして没薬。このうち乳香と没薬は、それぞれフランキンセンスミルラの名でも知られ、エッセンシャルオイルとして売られています。

ガレットの習慣は14世紀ごろから始まりました。「フェーヴが出たら王様になれる」という遊び方は古代ローマのサトゥルヌス祭(1月初めの農耕の祭り)で行われていたものが受け継がれているそうです。

ガレットを食べるときは家族が集まります。最初の一切れは一番貧しい者に与える分だとか、一番年少の者が食べる分だとか言われます。そして伝統的には人数より一切れ多く切っておき、戦争や出稼ぎで不在の者のためにしまっておいたのだそうです。それが長いことカビも生えずに残っていたら、良い前兆のしるしとされました。

次に美味しいものが食べられるヨーロッパの年中行事は、2月2日です。お楽しみに。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
同じですね
お隣の国といえども違うことの多いベルギーですがガレットの習慣はまったく同じですね。この時期になると毎日のようにガレット攻めになるのは困るのですが・・・。
2005/01/11(火) 14:58:20 | URL | ふらんす #-[ 編集]   
Re: 同じですね
パサパサしている(特にフランジパンのほう)わりには重ためで、続けて食べるとキツイお菓子ですよね。味は好きなんですけどねえ。
2005/01/11(火) 17:53:31 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/60-383d8cf5
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。