Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
七面鳥とレンズ豆
夕べはご飯を炊いて、いただいたキムチを食べよう!と思いながら帰宅してやっと、七面鳥のモモを買ってあるのを思い出しました。2日前くらいから献立決めてたんだった・・・(やっぱりボーっとしてます)。

七面鳥と言っても、モモ肉を丸めてロースト用に縛ってある塊で、買ってきたら塩コショウして焼くだけ。こういうのがスーパーで売っているのです。

付け合せはマーシュとレンズ豆。レンズ豆はベーコンと玉ねぎ、にんじんと一緒にちょっと炒めてから、スープストック、塩コショウを加えて煮るだけ。ル・クルーゼで作って、七面鳥がまだ焼けていなかったので、鍋帽子で30分ほど保温しておいたら、食卓でフタを開ける頃も湯気が立って、ホカホカでした。

DSCF2186.jpg今回のは正確に言うと七面鳥のヒナで、フランス語でダンドノー(Dindonneau)と呼ばれるものです。ダンド(Dinde)が雌の七面鳥、ダンドン(Dindon)が雄。

「ダンド」とは「インドの」という意味のフランス語"d'Inde"のことだと言われます。アメリカ大陸でヨーロッパ人がこの鳥を発見した頃、まだそこはインドだと思われていたので、インドの鳥と名づけてしまったという説です。インディアンなわけですね。

・・・でも英語ではなぜターキー(Turkey)なんだろう、と思って『英辞郎』を引いてみたら、載ってましたのでご参考までに下記に引用します。

【名-1】シチメンチョウ、七面鳥◆【語源】西アフリカのギニアという国のめんどり(hen)とおんどり(cock)はトルコの領土(Turkish dominions)を経て、初めて英国に輸入された。そこから「ターキー」と呼ばれるようになった。そして、初めてアメリカ産の鳥が輸入されたとき、見分けがつかなかったので、同じくターキーと呼ばれた。しばらくしてから、やっと2種類の鳥の見分けがつくようになり、名前を呼び分けようということになったが、「ターキー」の名はアフリカ産の鳥ではなくて、間違ってアメリカ産の鳥の方につけられてしまった。(アルクの英辞郎 on the Webでも出ます)

 <- 人気ブログランキング。応援クリック、お願いします。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/644-8b42eb62
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。