Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
ゴールドの重み
長野五輪で約1ヶ月間、ラッキーにもフランスフィギュアチームと寝食を共にする機会を持って以来、今でもフィギュアスケートは私のご贔屓スポーツ。面識のある選手はほとんどプロになってしまったけれど、夕べの男子シングルはちょうどライブで見られる時間帯だったので、通して観ました。長野は楽しかったな~という自己陶酔も含め(笑)、久しぶりに白熱したので思ったことなどを書き留めておきます。

途中まで、数十分先に放映を始めたベルギーのチャンネルで見ていたのですが、コメンテーターたちがネガティブなことばかり言っていて面白くないので、途中からFRANCE2に変えました。古館伊知郎のように絶妙な表現を絶え間なく見つけ出す、聞きなれたネルソン・モンフォールのコメントに加え、今年はフィリップ・キャンデローロとコンビになって時々笑いも入り、とても楽しかったです。よく、うるさいと言われるモンフォールのコメントですが、下手で冴えないコメントをずっと聞かされるよりは、ずっとマシだと痛感しました。コメンテーターの役割も大事よね。

結局1人も完璧な演技をしなかったフリープログラムでしたが、やっぱり上位2グループあたりは面白かった!
新得点制度になってから、アメリカ勢が急に上位に出てきた気がします。個人的に一番印象に残ったのはアメリカのエヴァン・ライサチェク(4位)の演技。それまでの選手たちが物足りなかったというのもあるけど、彼のが最も力強く、安定した滑りに見えました。プルシェンコも圧倒的な技術力で金メダルは当然なのですが、「重み」が足りないような。最近の男子選手は身体が華奢になったな~というのが全体の印象。ジョニー・ウィアーなんて女の子みたい・・・。

前半のグループでは、演技の終わりの方で息切れしていたり、バテている選手が少なくないので「オリンピックに出るほどの選手なのに??」と思われた人もいるでしょう。ニコラもそんなことを言っていたので、つい説明してしまいました。

オリンピックの厳しさは、緊張、プレッシャーももちろんですが、身体コンディションから来るものが大きいのです。

冬季五輪を開催する地域は大抵標高が高めで、選手たちは普段より酸素の薄い状況で滑っていることが多いです。10メートル標高が違うだけで呼吸に大きく影響が出てしまいます。

そのため早めに現地入りして、本番のリンクよりも標高の高いところで練習をするのが理想的ですが、スキー場と違ってスケートリンクは必ずしも「この辺に欲しい」と思うところに建っているわけではありません。あったとしても、ペアの選手だとリフト(男性が女性を持ち上げる)の練習を床上でもやることがあり、天井まで5メートルはある、できれば鏡つきのフィットネス・ルームが同じ施設内に欲しい。

オリンピック村入りして公式練習ができるのは直前の数日だけ。他国の選手も出入りするようなところではあまり全てを披露したくないので、練習場の確保はかなり重要です。全ての国が理想的な施設を借りられるわけではないので、そこからすでに戦いが始まっている感じです。(ちなみに長野のフランスチームは、練習場にも宿泊先にも恵まれていました。今までで最高のハイテクリンクだと絶賛していたし、ホテルのウォッシュレットにも皆感動していました。笑)

そして時差や食事や体調の管理。スポーツには怪我がつき物ですから、体調だけでも万全!という選手の方が少ないくらい。これらのコンディションに一部でも曇りがあると、選手の不安へ繋がるので、心理状態のコントロールも必要(カウンセラーを兼ねたトレーナーなどもいます)。その合間にも戦略の構想・・・などなど(みんなトレーナーやコーチの受け売りです)。

オリンピックに出られるだけでも大変なことですが、そこから先も試練だらけ。メダルを獲ることは、並大抵のことではありません。世界的な大会への参加経験が多い方が、やはり圧倒的に有利なのです。

さまざまな要素が絡み合うものの、最後の瞬間まで選手を左右し続けるのはやっぱり心理的なもの。高橋大輔くんも頑張ったけれど、初めての最終グループ残留ということで、これまでにない会場の雰囲気にも圧倒されたことでしょう。丁寧にしっかり滑っていたと思うし、まだ若いから、次回順調に行けばいいところまで上がれるんじゃないでしょうか。

女子シングルも、日本勢が華やかなので楽しみです。24日のエキシビジョンも、必ず観ようと思います。

 <- 人気ブログランキング。長くなってしまいました。呼んでくださって有難うございます。よかったら一押し、お願いします。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
スケート
私も時間があるときにみています。フィギュアスケートダンスはとても素敵ですね。みてて気持ち良いです。日本選手のダンスも素敵でした。ラフマニノフ?だったかな。24日は出張中だけど、ホテルにTVがあったらみてみようかな。それじゃあ又ね。
2006/02/17(金) 21:22:40 | URL | kj #A1vz8dvw[ 編集]   
> kjさん
アイスダンスは、今日が初日でしたね。
放映してたんですか?
(コンパルソリーは退屈なのであまり見ないんです・・・)
金曜の出張、ご苦労さまです。
2006/02/17(金) 22:19:01 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
>フランスフィギュアチームと寝食を共にする機会を持って以来
おお~! 貴重な体験をされましたね!
キャンデローロファンのわが友人が聞いたら、涙を流して羨ましがることでしょう。
フィギュアは冬季五輪の華ですね。
高橋君は緊張しているのが伝わってきて、こちらまでドキドキしてしまいました。
私はエキシビジョンで緊張から解き放たれた選手たちがのびのびと滑っている姿を見るのが一番好きです。
日本は今回まだ一つもメダルを獲ってなくて、盛り上がらないことこの上ないです・・・。
2006/02/18(土) 11:03:31 | URL | MlleC #-[ 編集]   
> MlleCさん
キャンデローロのファン、ホテルや練習場まで押しかけてきてすごかったですよ・・・(笑)
高橋君、最後まで出番を待ってて緊張もピークだったでしょうね。
私もエキシビジョンが一番楽しみです。
> 日本は今回まだ一つもメダルを獲ってなくて、
あらら、そうなんですか・・・頑張ってほしいですね。
2006/02/18(土) 11:18:52 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/697-aa8b4bde
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。