Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
5日目・京都の長い一日(午前)
R0010300.jpg京都二日目は、自転車は借りずに電車、地下鉄と徒歩で動きました。

朝から伏見稲荷大社へ。ここは初めてで、是非行っておきたかったのです。麓の境内は普通の(立派な)神社ですが、裏の方へ回ると有名な千本鳥居が立っていて、ここから山へ登るようになっています。ガイドブックによると、全部廻ると2時間くらいはかかる、かなりハードな道のりとのこと。

R0010314.jpgニコラは山歩きが大好き。私も疲れるけど嫌いじゃないので、まあ、やってみようかということになり、全コース廻ってきましたよ!しっかり山ひとつ登って、下りてきました。

この日も快晴でかなり暑かったのですが、浴びる日差しは鳥居のお陰で和らいでいました。この山道沿いに、延々と鳥居群は続いているんです(約1万本)。

ただ、ずっと上り坂ですから段々疲れてきて、三ツ辻、四ツ辻あたりで残りの道のりが書かれたマップを見ては、まだこんなに歩くの・・・!と気が遠くなりました。お腹は空いてくるし、若い修学旅行生たちもあまり上の方まで来る根性はないようで、人影がどんどん減ってくるし。
R0010336.jpg鳥居には寄贈者の名前や日付が彫られているのですが、意外だったのは、ほとんどが平成に入ってからのものだったこと。鳥居の連なる道筋以外は自然がほぼそのままの山中なので、木製の鳥居は湿気には耐えないらしく、根元が傷んでいるもの、撤去された跡(土台だけになったもの)などが時々見られました。神社仏閣のものは基本的に古いものという思い込みがありましたが、比較的早いサイクルでどんどん入れ替わっているんですね。

R0010341.jpg山頂には夥しい数の祠がたてられ、それまでの道でも沢山見かけたミニチュアの鳥居(奉納用に境内や途中の売店で売っています)が積まれていました。ちょっと変わった格好の狐があったので、これも写真に収めました。

下りは膝に来そう・・・と気をつけながらでしたが、わりとあっという間に一気に下りられました。山からは街の騒音もほとんど聞こえず、澄んだ空気で森林浴もできて、清々しかったです。ときどき花や蝶を見つけては写真を撮ったり。参拝というより、まるきりハイキングでした。

前日のサイクリングの疲れも残っていて、確実に体力は消耗・・。ホントは一度着物を着て千本稲荷で写真を撮りたいな~なんて思っていましたが、着物じゃとても山頂までは上がれそうにありません。

お腹も空いたけど、まだお昼には早いのでとりあえず市内へ戻ることにしました。つづく。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/792-d4fa875e
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。