Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
京都の長い一日(夜)
三条大橋でシゲ君と待ち合わせ。フランス留学時代の友達で、京都の穴場をよく知っている頼れるガイドです。仕事のあとに、わざわざ出てきてくれました。

橋から見える納涼床の灯りがともって、いい雰囲気でした。日本の夏はヨーロッパのように10時まで明るくはないけれど、暗いからこそこういう演出が栄えるし、花火大会もできるってもんです。よく歩いた長い一日の疲れも癒されます。

kyotodinner.jpg学生のときと遊ぶときしか会っていなかったので、初めてみるスーツ姿のシゲ君。静かで小さな裏通りへ入り、とっておきの美味しいお店に連れて行ってくれました。

お座敷に上がると、個室でもないのにとても落ち着きました。お店の人たちの丁寧で柔らかな対応も素敵。

前夜のテキトーな夕食とは全く縁のない、きちんとした京料理でした。ハモのおつゆや、鴨だんご、さわら、京野菜のてんぷらなどなど・・・どれも繊細で上品。一つひとつの食材がきちんと役回りを持ち、まとまった味付け。いいですねぇ。京料理、習いたいわぁ。

ニコラは鴨だんご(写真左上)と、さわらについてきたわらび餅(写真左中段)が美味しかったというので、お店の人が、意外に日本人ぽい好みですねって。
R0010509.jpg前回シゲ君に会ったのは、冬のブリュッセルでムール貝を食べ、一緒にラクレットをやった2003年の年末だったはず。2年半ぶり・・あっという間だなぁ。彼はいつ会っても変わらないでいてくれるので、あまり時間の経過を感じないんですが。

「せっかく京都に来て2日しかいないなんて罰当たりでしょ」というと、それでも2日にしてはかなりあちこち廻った方だと思う、と言ってくれました。特にこの日はボロボロになるまで歩いたので、報われました。

R0010511.jpg1週間くらいいて、もっとじっくり廻りたいのは山々ですが、なかなかそうも行きません。でもホント、ちょこちょこ来て毎回テーマをかえて少しずつ廻ってみるというのでも、いいのかも。同じ場所でも季節ごとに様相が違うだろうし、きっと何度行っても楽しめることでしょう。また近々、京都へ行けますように。

美味しいご飯のあとは、先斗町に案内してもらいました。このあたり、ガイドでちょっと見てもよく分からなかったんだけど、小さな道をすっと入ると別世界。最近は観光地化がすすんで雰囲気も変わってきているそうですが、映画やテレビで観るお茶屋や納涼床の裏側(お店の入り口)は、こんな風になってるのかぁと、興味津々で歩きました。「鴨川をどり」のポスターがあちこちに貼られていました。もうこの辺に来ると、「着物で着てみたいなぁ」なんて、恐れ多くて考えられません・・(笑)

R0010521.jpgそれから八坂神社へも。夜の静かな境内で、夥しい数の提燈が灯り、辺りの暗闇と静けさを引き立てるような印象でした。夏祭りとかじゃなくても、夜の神社っていいもんですね。

京都の夜については(昼もだけど)全く無計画で行っていたので、シゲ君がいなかったらテキトーに食べてテキトーにぶらついてさっさと寝てたと思います。ガイドに載っていないようなお店を教えてもらったり、京都の豆知識を教えてもらったりで、ぜひまた行って探検してみたいと思いました。次回は事前にお勧めなどを訊いてから行こうと思うので、その際はどうぞよろしくお願いします。

ホテルに帰り、泥のように眠りました。翌朝は奈良へ。奈良編へつづく。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
たのしかったです!
遅い書き込みですみません。
僕もすごく楽しかったです。
あの後も、穴場のステキなお店、発見したので、
また今度来たら行こうね!
料理の写真、ああやって並べると素敵だね!
センスの良さを感じました。
ベルギーではお世話になりっぱなしだったし、
ちょっとは恩返しできたかな?
2006/07/25(火) 16:03:30 | URL | しげしげ #SFo5/nok[ 編集]   
> しげくん
コメントありがとう!
ホントに、色々ありがとうね。
とっても美味しかったし、素敵な雰囲気の店でしたね。
ガイドも堂に入ってて、さすが。
写真はピンボケを誤魔化すためにそれぞれ縮小していたら、こんなんなりました(笑)
またベルギーにも来てね~!
2006/07/26(水) 07:52:56 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/811-651d40e5
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。