Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
お月見
夕べは「中秋の名月」でした。天気が悪くて月を眺めるどころではありませんでしたが。お月見にちなんでなにか円いものを、ということでチーズケーキを焼きました。ちょっと無理があるかな・・(笑)月見団子は上手に蒸せる自信がなかったのです。

ここを見ながら、ニコラにもどんなイベントであるかを説明しました。「中秋」はまさに「秋の真ん中」の日なのですね。本当は月見団子というものを食べるのだと言うと「なんで団子なの?」と訊かれました。えーと、中国では月餅で、日本でも地域によってはお萩で、とりあえず円ければいいような気がする・・とか適当に答えておきました。
今読んでいる白州正子の『おとこ友達との会話』のなか、ライアル・ワトソンとの対談で「西洋で、富士山は『神の住む場所』と教わりましたが、そうではなくて富士山が神そのものなんですね」というようなくだりがあります。日本の「カミ」は西洋のGodとは全く異質のもので、西洋人にはなかなか理解しがたい、という話に繋がって行くのですが、月にお供え物をするのも、アニミズム的な習慣ですね。

10年以上前フランスで寮生活をしていた頃、日本語を話す機会もなく、インターネットもなくて日本の情報はあまり得られず、漢字の読み書きも忘れ・・日本へ帰ったら浦島状態・・なんて、当時はそれなりに焦りも感じていました。そんなとき、友人のご両親に親切にしていただき、口ではフランス語でお礼を言いながら無意識にお辞儀をしていて、自分で驚いたことがあります。何ヶ月もお辞儀なんてしていなかったのに、丁寧なお礼を言おうと思ったら身体が勝手に動いていたんです。それだけのことですが、なんだか嬉しくなり、私はどこにいても日本人でいられるな、と妙に確信したのを覚えています。

その後数年間日本で過ごしたあと、またヨーロッパで生活するようになり、今度は当時と違って日本語を話すことも多く、日本の情報もどんどん入ってきます。日本的なものを渇望するほど遠く感じているわけではないし、アニミズムとか日本の慣わしの意味だとかも、別にいつも感じたり考えたりすることではありません。

それでも、こういうことに違和感を感じないでいられるかどうか、自然に生活に取り入れていける自分であるかどうかというのは、いまでも時々確認しておきたいことだったりします。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
そうだね。それってなんだかわかるかも。
ありがとう、って言いながらお辞儀しているっていいね。
わかるな。

アメリカにきて私も改めて日本のことを
客観的に忘れないようにしようとおもっています。ってまだ来て3ヶ月だけど、
既にだいぶ長い間いる気持ち。

誰かに説明するにも自分が忘れないように
するのって大事なことだね。
2006/10/08(日) 06:55:54 | URL | goat #afNxP5i.[ 編集]   
> goatちゃん
goatちゃんも海外生活初めてじゃないもんね。
海外組は滞在が長くなればなるほど、こういう感覚が強くなるのかなぁ。
周りに日本流を押し付けるのではなくて、自分の中だけでいいから、こういう感覚を取っておきたいのよね。
2006/10/08(日) 07:39:21 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
6日は、東京も天気が悪くて(暴風雨でした)、中秋の名月は、見ることができませんでした。
でも昨日、今日はとてもキレイなお月様でした!!!
すっかり秋、ですね。
ydrさんは、日本に暮らしている私たち以上に、日本や季節感を大切にしているような気がします。お料理やお菓子を見て、そう感じます。。。見習いたいな。
2006/10/08(日) 15:13:55 | URL | uriko #-[ 編集]   
> urikoちゃん
そっちも当日は雨だったみたいね。
見えれば今の月って、とっても綺麗なのよね。
十三夜は晴れるかな?

日本にいると和菓子屋さんや、コンビニ、スーパーなんかでもお月見向けのお菓子とか、すすきと一緒になったセットなんかが売られていて思い出させてくれるけど、ここにいると自分で意識しないとダメなのね。
去年なんかすっかり忘れてたのよ。
2006/10/08(日) 15:32:06 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/888-39ac835c
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。