Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
フィーバーランド
水曜の夜は手早く「鶏モモと野菜の炒め物」(味付けはニンニク、生姜と「味覇」で)を作り、早めに夕食。

それからエレーヌと、コメディを頻繁に上演しているトワゾン・ドール(金羊毛)劇場へ行ってきました。劇場で彼女の友人とも合流し、4人で観たのは"FEVER"という作品。

出演者はほとんどオカマです。この劇団のトップは普段はブリュッセルでキャバレーをやっている人らしく、観客にもかなりお店のお客が混じっていたようです。

クリスマスが近づき、心優しいベルギー人のミカエル(17歳)が願い事をします。「A380を操縦してみたい!」ところが何の間違いか、彼はオカマの国「フィーバーランド」に辿り着いてしまいます。そこでは純粋な「男の子」は珍しい存在・・という設定(笑)で始まるストーリーは、どうも毒がなさ過ぎて物足りない感じでしたが、彼らのファッションショーというかダンスショーの要素もあって、観ていて飽きることはありませんでした。あ、物まねショーでもあったかな(セリーヌ・ディオンとか)。

本物の女性も一人出演していたのですが、彼女よりもブロンドの役をやっていたオカマさんの脚線美に釘付けで、自分の脚と二の腕が急にヤバいような気がして来て、反省しました・・(笑)エレーヌも同じこと言ってました。

そのあと4人で飲みに行き、夜中に帰宅。よく笑った夜でした。
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/908-64e44667
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。