Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
第9回ミーティング
R0011592.jpg

12月の「あやめの会」(という名前になりました)着物ミーティングは、クリスマスパーティを兼ねてちょっと豪華にCONRADホテルのレストランでランチビュッフェをいただきました。今月は里帰りするメンバーもいるので、早めに開催したのです。

R0011594-1b.jpg参加者はルさん、mさん、Aさんと私の4人。色々な用事の合間をぬって来てくれたルさんは洋服での参加でしたが、他の3人は着物で。

今年4月に始めた着物の会。初めの頃は着物で参加する人の割合の方が少なかったので、なにかまとまりをつけたくてコーディネートのテーマを決めて集まったりもしましたが、最近はその割合が逆になり、まあ着物なら敢えて「お題」を設けることもないかな、ということでテキトーになりつつあります。成り行き任せの会ですので・・(笑)

R0011596.jpgビュッフェは生牡蠣、身のタップリ詰まったオマール(それとも大きなラングスティンヌだったのかな?)、鯛や鮭や帆立のグリル、まぐろのタタキらしきものなど、魚介が豊富で驚きました。もちろん肉系のものや野菜も。冷たい方のビュッフェだけにしておいたのですが、非常に満足できる内容でした。いちおうクリスマスらしく、食後にはプレゼント交換もしてみました。

ホテルの吹き抜け部分には、今年も小さなスケートリンクが設けられていて、子供連れが沢山滑りに来ていました。
R0011595b.jpgR0011593b.jpg

mさんはシルバーグレーの色無地に、紫の帯を合わせてシックに。Aさんは紫地に大きめ鹿の子絞り柄の着物(先月私の着たもの)に、淡い色の帯。私は実家からやってきた黒と赤の着物をクリスマスシーズンにきっと着ようと思っていたのですが、合う帯がなくて断念し、母からもらった色無地と、従叔母からもらった手描きの薔薇柄塩瀬名古屋帯。その上には、祖母からの抹茶色の道行き。ピンク&グリーンでまとめることにしました。

R0011600.jpg薔薇柄の帯は初めて使いました。軽くて柔らかくて、締めやすいです。お太鼓柄の出し方も大分慣れてきました。ホントは背中の薔薇をもう少し下に出したかったのですが、大分巻き戻さないと直せなかったので、今回はこのくらいで妥協。でも構造が分かっていれば、わりと自由に柄を動かせるものだなぁと思います。

前日に手作りした根付は、クリスマスを意識してホワイト、ゴールド、グリーンを使いました。大きなビーズは一つ40-50セントだし、家にあった金具なども使ったので2ユーロもかかりませんでした。

R0011602.jpg今回は、補正のウエストタオルを少し増やしました。厚めのと薄めのを重ねて二つ折りにして、どうにか丁度いいようです。

それから、クリアフォルダーを切ってミシンで縫い合わせただけの、柔らかめな手作り衿芯を使い、ちょっと厚めでフワフワしたエンボス調半衿を持ってきたら、ちょっと衿元に張りがなさ過ぎでした。硬い衿芯は衿まわりが浮きがちなので、このごろ柔らかい方を使うようにしているのですが、半衿との組み合わせも考えなきゃいけないのだなぁ・・。

Aさんにはこれまでは私やmさんのものを貸していましたが、今度里帰りでついに自分の着物を持ち帰ってくる予定で、一人での練習にも張り合いがでるでしょう。次回のミーティングでは3人とも「マイ着物」での集いになるはずで、とっても楽しみ。

R0011599b.jpg今回久々に基本メンバーで集まったので、ここしばらく考えていた「あやめの会」のこれからのことなどをちょっと話しました。伝え切れなかった部分も含め、書いておきます。

春から着物を着て活動してきて、会のメリットと思うのは、お互いに情報交換や相談ができること。「あやめの会」では決まりごとなどを考えてガチガチに構えるより、まず着物を身近に感じて、着てみて、追々勉強していこうというスタンスで始めましたが、もちろん守った方がいい決まりもあります。そういうとき、やっぱり身近に着物仲間がいると助かるのです。自分に似合う色について意見をもらったり、ブリュッセルのどこそこの店や劇場に行くなら、どんな格好が良いか、などと具体的に相談できるし。これはネットだと難しいですから。

それから参加者がブログやmixiでミーティングについて書いているうちに、少しずつ「着物を着てみたいと思っている日本女性」が身近にかなりいることが分かってきました。やっぱり皆着てみたいんだなと思うと嬉しいし、こういう状況が分かったことが、一番の成果かも知れません。

そしてメンバーがそれぞれマイ着物を揃えるようになってきたので、来年に期待しているのは、みんながこのミーティング以外でも着物を着て出かけたり、着物友達を増やしてくれたらいいな、ということ。あえてそんなことを言うのは、同じ着物好きでも、着方や着物選びに個性が出たり、投資できる限度が様々なことはもちろん、楽しみ方もそれぞれ違うことがよく分かったからです。

R0011597.jpg私の場合はお洒落して背筋を伸ばして出かけることも楽しいのですが、それと同時に着物に触れていると思い出す四季の移ろいや、物ごとを気長にとらえる感覚とか、ロジカルなものの成り立ちとか、そういう地味で小さな発見が好きなのだろうと思います。

もっと伝統やしきたり、歴史を本格的に勉強したくなる人もいるでしょうし、とにかくお洒落して出かけ、視線を集めるのが心地よいという人もいるでしょう。着物はやはり財産であり、略礼装以上のものというイメージが強くて、普段気軽に着る気になれない人もいるかも知れません。着て行きたい場所もそれぞれ違ってくると思います。

もちろん今後も毎月ミーティングを開催するつもりですが、どんどん会の枠を超えて、それぞれが自分の楽しみ方を探してみて欲しいなと思います。その方がきっと、集まったときに触れられる情報も、ものの見方も範囲が広がるでしょうから。

そしていずれは、他にも着物愛好会みたいなものができたり、こちらのパーティや結婚式で着物を着る日本女性の数が増えてくれたらいいなと思っています。

とりあえず今年はこれで最後でした。メンバーのみなさん、来年も楽しいミーティングにして行きましょうね!
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
薔薇の帯
きれーい!
可愛いし、華やかですね。手描きでこれだけおおぶりで、って見たこと無いです。
ydrさんなら、グリーンやグレーの無地でも着こなせそう。帯も、よい主人を見つけましたね(笑)
2006/12/04(月) 00:46:58 | URL | niko #-[ 編集]   
> nikoさん
インパクトのある帯でしょう。
薔薇柄もピンクも好きなので、いただいたときはすごく嬉しかったです。
色無地って、帯で遊べるから便利ですよね!
2006/12/04(月) 06:29:07 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
手作りの根付
と、ちょっと覗かせた扇子が絶妙なアクセントで上級者の技でしたね。さすがです。
帯は塩瀬名古屋帯だったのね。勉強になります。本当に華やかで素敵でしたよ。
2006/12/04(月) 13:35:55 | URL | ル #YYhS6EVE[ 編集]   
> ルさん
着物と帯はシンプルでも、小物で工夫できるから楽しいです。
ビーズのストックが結構使えるし。
それにしてもこんなピンク尽くしって、何歳まで着ていいんでしょうね・・?(笑)
2006/12/04(月) 13:50:52 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
素敵です。
物をプレゼントして喜んで頂くほど嬉しい事はありません。その帯が遠い外国で活躍してるとあって、ますます嬉しいです。
今度はしっとりした粋な着物も用意しておきます。
2006/12/05(火) 02:42:50 | URL | Akiko #-[ 編集]   
> Akikoさん
コメントありがとうございます!
可愛らしい帯で、とても気に入っています。
本当にありがとうございました。
先のコメントではああ書いているものの、海外なのをいいことに、あまり歳は気にせず末永く使わせていただこうと思います(笑)
2006/12/05(火) 09:07:29 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
祝・9回
今回も、素敵ですね~。参加できなくて残念でした。
会を追うごとに皆さんの腕(?)だけでなく考え方や方法が発展し、奥深くなってゆくようで凄いなあと思います。元々の参加者の方がどんどん先に進んでいかれるのに圧倒されつつも、着たい気持ちだけはあるのだけど、、、という私のような初心者にも門戸が開かれているのはやはり嬉しいですね。

コンラッドのビュッフェもいいな~~。
2006/12/05(火) 14:38:57 | URL | tomo #0ORuJgOY[ 編集]   
> tomoさん
去年、気まぐれに練習していた頃に比べて、月イチでも定期的に着ると、だいぶ違うものだなと痛感しています。
手がちゃんと覚えててくれます。
他の人の着姿を見るのも、すごく勉強になるし。
tomoさんも来年は着ましょうね~。

もちろん、おいしい食事も、かなり励みになっています(笑)
2006/12/05(火) 15:01:51 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/06(水) 22:26:15 | | #[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/911-a2f825e0
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。