Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
ムール貝とチリワイン
先日、白ワインばかり余っていることに気づいたので、これを消費するべく週末ムール貝を食べました。

セロリ、ニンジン、玉ねぎというスタンダードな具に、にんにくも加えて白ワイン蒸しです。2人で1kgではちょっと物足りない・・やっぱり1.5kgにしておけば良かったな。残ったスープと野菜は、雑炊にしてお弁当に。

DSCF3226.jpgムール貝を食べたのは、9月にHちゃんが遊びに来たとき以来だと思います。付け合せはやっぱりフリット。そしてもちろん、2度揚げで。なんかこの写真だとあまり美味しそうじゃないですが・・。サラダは、醤油とごま油使用の和風ドレッシングでサッパリと。

ワインはチリのです。2006年のってことは、ものすごい最近。南半球だとブドウの収穫は春なんでしょうね。これも軽めで、飲み易かったです。

最近はヨーロッパ以外のワインも随分充実してきたし、ヨーロッパでも入手し易くなったものです。私がフランスにいた頃は、ほとんどフランス以外のワインなんて選択肢がなかったですが、今はどうなんだろう?

ベルギーだと、フランスワインもそこそこ美味しいのはそんなに安くはないので、この頃どんどん他の地域のものに手を出してます。大して味が分かるわけではありませんが・・(笑)
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
うちも昨日は白ワインでした♪
白は夏にしかあまり飲まないんだけど、
ストーンクラブ(すごい殻の固いアメリカでよく食べるカニ)をゲットしたので、珍しく白を買って飲みました。フランスの。

カニ、割るのがすごいたいへんで、手元がすべって、
殻で親指切っちゃいましたT-T
ディナーほぼ終わりかけだったんですが、大騒ぎになりました。。。
2006/12/18(月) 15:05:19 | URL | よっちゃん #96zz3KiY[ 編集]   
> よっちゃん
わぁ~いいなー、カニなんて!
もう半年食べてません(泣)
私はもともと白ワインの方が好きなのですが、魚介を食べる機会が少ないので、あまり消費できてないです。

それにしてもカニの殻で指切るなんて、痛そうですね・・。早く治りますように。
2006/12/18(月) 15:17:11 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
同じく
私はこの間牡蠣の殻で指を切りました。まだ痛い…
赤も好きだけど、さっぱりとした白ワインも捨てがたい。フレッシュなチリワイン、美味しかったでしょ?
ydrさんのムール貝とフリッツ&サラダ。
正しくベルギー料理の王道ですね!
2006/12/18(月) 19:04:45 | URL | ル #YYhS6EVE[ 編集]   
> ルさん
牡蠣も鋭いから痛いですよね・・(泣)
私は専用の手袋がないうちは、自分では開けまいと思っています。
ワイン、おいしかったですよ~。
ムールは、もっと色々な食べ方をすればいいんですけど、結局毎回簡単な白ワイン蒸しにしてしまいます。
2006/12/18(月) 20:31:10 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
ムールから牡蠣へ
デレーズでも、主流派牡蠣になりましたねー。専用ハサミと手袋購入しました!
殻つきしかないんですねー。
2006/12/18(月) 22:49:14 | URL | つるぼ #-[ 編集]   
> つるぼさん
ハサミと手袋、買ったんですか!
さすが本格派のつるぼさん。
ウチの人、生牡蠣も嫌いで私しか食べないもので、道具を買うのを躊躇してるんですよ・・。
売っているのは、まず殻つきですよね。魚をさばくのと同じで、自分でやりたくない人はお店で開けてもらう形式ですね。
2006/12/19(火) 08:04:01 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/917-db572b28
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。