Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
Les Deux Maisons
DSCF3430.jpgY子ちゃんに誘われて、ちょっと贅沢な土曜のランチに。 節分とは全く無縁・・。

Les Deux Maisonsはわりと知られているお店なのですが、これまで行く機会がなく、初めてでした。土曜の昼に開いているレストランは少ないので、仕事でもないといい店のランチには普段なかなか行けません。ここは土曜ランチがあって素晴らしい。

アミューズとしてアペリティフと一緒に頂いたウサギのリエットは、きめ細かく柔らかくて好きな味でした。

DSCF3431.jpg次に出てきたテリーヌは一口食べてから写真を撮っていなかったことに気づき、慌てて撮りました。オニオン・コンフィとよく合って、パンと一緒にどんどん食べられちゃいます。

前菜のホタテのグリルは、パン・デピスの甘いソースとぽってりしたほうれん草のムースが美味でしたが、ホタテ自体は完全に火が通ってしまっていたので、内心で最近食べたLa Grande Ecluse(リンク先はそのときの記事ではありませんが)のホタテに軍配を上げました。レア具合が見事だったのです。
DSCF3433.jpgメインに頼んだのはエイヒレのバター焼き。ロールしてあって食べやすかったです。土台はクレソンのチャツネにレーズンや松の実が入っていて、見た目より色々楽しめる一品でした。

し かも、この写真では隠れてしまっていますが、牡蠣フライがひとつ乗っていました。日本の牡蠣フライとは違い、牡蠣の身に、直にこちら風の細かーいパン粉をちょっとだけつけたもので、素揚げに近 かったです。火を通した牡蠣ってあまりお目にかかる機会がないので、味わって食べました。ソースはバルサミコ系でしたが、ちょっと醤油が欲しかったりし て。

デザートにはY子ちゃんお勧めのモワルー・オ・ショコラ。スフレのようにフワフワしていて、中はとろっとしたチョコ。絶品でした。

DSCF3434.jpgDSCF3436.jpg


この週末は良く晴れて気持ちが良かったので、あえて行き帰りはバスにしました。1月の間、ほとんど晴れ間がなかったので、少しでも日の光に触れたり目にしていたいのです。お店でも窓際に座れて、1年近くぶりに会えたY子ちゃんと長々おしゃべりに興じ、気持ちの良い昼下がりとなりました。

LES DEUX MAISONS
Val des Seigneurs 81, 1150 BRUXELLES
TEL / FAX : 02 771 14 47
日、月曜定休
http://www.lesdeuxmaisons.be/
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
偶然ですが、1月下旬にここ食べに行きました~。
わたしもランチで!
ウサギのリエットたしかにおいしかったです!
最初にカリカリのバンを食べ過ぎてしまったので、よく覚えています。
わたしの時はほたてが半生でおいしかったのですが、火の入れ方が毎回一定じゃないのはいただけないかも・・・。
ここ昔はひとつ星だったそうですよ。
2007/02/06(火) 23:49:31 | URL | A #-[ 編集]   
> Aさん
あらーニアミスですね。
私はこの日12時ちょっと前に着いてしまい、お店の皆さんがまだラフな服装で、ワイワイ賑やかにお昼を取っていました。そのあとネクタイして神妙な顔してサーヴしていて、可笑しかったです。

ホタテはやっぱり半生の方が食感がいいですよね~。
昔はもっと美味しかったんですかねぇ。
2007/02/07(水) 10:16:13 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/945-9c86d2c7
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。