Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
第12回ミーティング -パリ遠征- オペラ座歌舞伎鑑賞(後)
DSCF3627b.jpgパリ遠征レポートの後編。この日の3人のコーディネートです。mさんとAさんの羽織が写っているものは、できたら後日アップします。(4月4日、「続き」の方にアップしました。)

mさんは白地に柳色の万筋に、お母様の袋帯。刺繍半襟、帯揚げ、帯締めと、上手に色合わせが出来ていて、華やかながらスッキリまとまっていました。羽織は紫色の地に、桜や菊など可憐な花模様が控えめに入った、シックなものでした。

Aさんはお母様の綸子色無地と袋帯。Aさんも綺麗な刺繍半襟が帯揚げの緑と合っていて、オトナっぽく上品に決まっていました。羽織はベージュに草花の描かれた、レトロモダンな一枚。

DSCF3639b.jpg私は従叔母にもらった総絞りに、オペラ鑑賞でも締めた牡丹の袋帯。赤銅色の羽織は和裁の師匠が、わざわざ丈と裄を直して送ってくださったもの。従叔母にも師匠にも、感謝しています!

ちなみにmさんとAさんの写っているのはオペラ座の前の、外に張り出したバルコン部分ですが、私の方はホテルの廊下です。オペラ座の内装はこんな平凡じゃありません。

周りの和服の方々は、色無地や小紋も見かけたけれどやっぱり訪問着と袋帯が多かった気がします。大体男性のエスコートつきで、3人も揃って着物女性というのは少なく、白人女性から写真を撮らせて欲しいと声をかけられたり、優しい日本人男性が3人揃っての写真撮影を申し出てくださったりと、なかなか気分が良かったです。
DSCF3605.jpg月イチの着物でお出かけの成果か、着崩れもなく無事終了したので、このあと祝杯のビールを飲みに行きました(笑)実際、今までで一番綺麗に、安定した着付けが出来たように思います。多分3人とも。

私は今回念願の「帯下締め」を作り、初めて使用してみましたが、これはやっぱりスグレモノ。後日これについても書こうと思います。->こちらにアップしました。

とっても疲れたけれど、楽しかったし目の保養も出来て、本当に行ってよかったです。mさん、Aさん、お疲れさま。色々ご協力ありがとうございました。お2人のおかげで、貴重な経験が出来ました。

197731650_91b.jpg今回の遠征には当初、ウィーンの着物仲間RISさんも誘おうと思っていたのですが、なにしろチケット獲得が困難で、叶いませんでした。RISさん、ごめんなさい。またチャンスがあったら、何か企画しましょう。

これでオペラ、能、歌舞伎を着物で鑑賞してきたことになります。やっぱり劇場で着物っていいな。次は何を観に行こうかな?
スポンサーサイト
コメント
≪この記事へのコメント≫
素敵
相変わらず3人とも、着物姿がお美しい!ホント、素晴らしいです。
そういえば、海老蔵襲名披露公演のときに、富士純子さんがお着物でいらしていて、信じられないくらいお美しく、上品なオーラが出ていたのが忘れられません。
2007/04/01(日) 22:28:29 | URL | まっつ #NBH7USe6[ 編集]   
> まっつさん
まっつさんのその感想を以前聞いていたので、今回もどなたか舞台上で女性の着物姿が見られるかと期待していましたが、なしでした。そのうちやっぱり寺島しのぶとか、ついて来るんでしょうかねぇ。

ちなみに着物じゃないですが、この日は唐沢寿明と山口智子が来場していたようです。
2007/04/01(日) 22:38:13 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
素敵
羽織、とても華やかな感じ!
洋服だと抵抗ある色でも、
着物だと着れてしまったりしますよね~。
おまけに、ベストな丈と裄!羨ましい。

「帯下締め」も気になります。
コーリンベルトみたいなもの?
歌舞伎、こちらでも話題になっていました。
客席に着物のお客さんがいるのって、
演者も嬉しいんじゃないでしょうか?
2007/04/02(月) 05:46:13 | URL | niko #-[ 編集]   
> nikoさん
確かに、洋服では着ない色です。
こういうところが面白いですね、着物は。
そしてやっぱり正絹の羽織は、全然違いますね。
軽くて着物に全然シワを作らない!

「帯下締め」は、伊達締めと補正を兼ね備えた便利グッズです。
今度写真入りで書きますね。

噂に聞いていたほど客席が日本人ばかりってこともなく、程よく和服が散らばっていて、良かったですよ。
2007/04/02(月) 07:40:38 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/02(月) 20:42:32 | | #[ 編集]   
お疲れさまでした!!
劇場で着物って改まった感じで締まりますよね。そして華がある。客席に和服が見えると出演者も観客も誇らしく感じるでしょうね。
そういえば、ウィーンフィルのお正月コンサートも着物率高いですよね。

会場の花になったydrさん、Aさん、mさん、素晴らしい体験ができて良かったですね。次の機会には是非ご一緒させていただきたいです。
2007/04/02(月) 21:01:34 | URL | ル #YYhS6EVE[ 編集]   
> 2007/04/02(月) 20:42:32の非公開コメントの方
はじめまして!
着物のお手入れは、やっぱり海外ではなかなか思うように行かないので、私たちが普段着ているのはポリエステルや木綿の洗える素材です。
今回は特別に正絹でしたけど、怖くて年に何度も着られません・・。
また遊びに来てくださいね。
2007/04/02(月) 21:38:17 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
> ルさん
> そういえば、ウィーンフィルのお正月コンサートも着物率高いですよね。

そうなんですか。でも確かに格式高くて、着物が丁度良さそうですね。

モネ劇場もいかにもオペラハウスって感じの内装だし、そのうち着物で行きたいんですけど。何を観に行きましょうかねぇ。
とにかくこれからも、時々ちょっと改まったイベントができるといいなと思います。そのときは是非ご参加ください。
2007/04/02(月) 21:52:26 | URL | ydr #L.iXitw2[ 編集]   
コメントを投稿する

普通のコメントの場合、なくてもOKです。
URL
コメント
パスワード
パスワードを設定しておくと、後から自分のコメントを編集・削除できます。
コメント非表示  管理者以外に読まれたくない場合にチェックをつけて下さい。
コメント非表示の際は、返信先としてメールアドレスかURLをご記入ください。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ydr.blog2.fc2.com/tb.php/976-65c597d0
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。