Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
ある日の午後
DSCF3971.jpgもう2月になろうとしています。

息子の慣らし保育も始まり、徐々に生活のリズムが整いつつあります。あと10日足らずで産休(プラス有給数日)が終わり職場復帰なので、年越しを挟んでしまい会えないでいた友人たちが、最近子供の顔を見がてらお昼やおやつの時間に顔を見せてくれています。

写真はtomoさんが来てくれた日のお茶の準備。mixiで見つけて気になっていたガトーショコラの簡単レシピを試してみました。タブレットチョコを溶かして、卵と一緒にハンドミキサーでよく混ぜて、焼くだけという大胆なレシピを、家にある型に合わせて分量調整してみました。この日はチョコ300gにLサイズの卵4つで、20cmの型に入れて180度、30分。つぶれ過ぎないよう、焼成後はしばらくオーブンに入れっぱなしで冷ましました。

焼いた後冷蔵庫で冷やすとしっとりとガトーショコラらしくなるということだったので冷やしてみたら硬くなってしまって、やっぱりこんなレシピじゃこんなもんか…と思ったのですが、後から軽く温めてみたら美味しく食べられました。アレンジも簡単にできそう。

この日の慣らし保育は2時間と短い時間でしたが、その間に材料調達から出来上がりまで余裕の早さ。掃除をしている間に焼けてしまいました。こういう簡単レシピ、これから重宝するだろうな。
謹賀新年2009
まだギリギリ松の内ということで、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

この冬は冷え込みが凄くて、今朝などは7時でマイナス9度。ベルギーに来てから一番寒い冬だと思います。自分が寒がりで外に出たくないので、乳児とともに引きこもりの日々が続いていますが、それでも例年の正月より動いているかも。

元旦は、大晦日に出産した友人のお見舞いに行きました。2日は日帰りでフランスへ。3日はバーゲン初日の市内へ。今年のバーゲンは土曜日に開始したということもあり、すごい人出でした(ちなみにフランスは今日から)。必要なものは一応買えたのですが、レジに並ぶ時間が1回30分以上とやたら長くて、疲れてしまいました。買うものが決まっているなら、オンラインのバーゲンの方がいいな…。

4日は家でゆっくり過ごし、週明け5日にはキネのところへ行くはずでしたが、朝起きたら雪が結構積もっていて、延期してもらうことに。朝のうちにキネの先生の方から電話して来て「積もってるし、まだ降ってるわよ。子供連れで荷物と傘と持って来るのは大変なんじゃない?別の日にしましょうか?」と提案してくれたのでした。まだ先生も自宅だったらしく、彼女も家を出るのが面倒だったのでしょうが、とっても助かりました。

今日の午後にしてもらったので、外に出る頃は零度くらいにはなっていることを期待しつつ、ぬくぬくと午前中を過ごしているところです。今年はおせちもガレットも作らなかったし、着物も着ていないけれど、お昼に七草粥(のようなもの)を食べて、少しでも新年の気分を味わおうと思います。
よいお年を!
今年もあっという間に大晦日。クリスマスはフランスで過ごし、元旦はいつものようにブリュッセル。

出産の日から丸1ヶ月休暇をとってくれたニコラ。今月も22日から、1月第1週まで休んでくれているので(会社自体の年末年始休みも長いのです)、だいぶ楽な思いをさせてもらったし、恵まれていると思います。

それでも思ったよりブログの更新はできなかったなあ。おせちも今年はサボります。

あれですね、別に出来ないこともないけれど、せっかく周りが「今は忙しいだろうから」って色々大目に見てくれる時期なのをいいことに省略してしまうことって多いです。ゆっくりしてられるのも今のうちだろうし。

それでもメールやブログで出産報告できなかった人たちには、1ヶ月近くかけて少しずつ作った年賀状を送り、一息ついたところで年を越すことが出来ます。

皆さまもどうぞ良いお年をお迎えください。
コードレスランプ
51515_PE151264_S4.jpg息子はまだ夜中の授乳が必要なので、今のところは私たちの寝室に置いたベビーベッドに寝ています。

枕元のランプをつけてしまうとニコラが授乳中ずっと眠れないので(今のところ夜は母乳のみ)、ベッドの足下の方で授乳をするのですが、やっぱり小さな灯りが必要。ちょうど良い位置にコンセントがないため重宝しているのが、IKEAのLEDランプSPÖKA。

事前にチャージしておいて、コードレスで使えて便利なのです。子供部屋向けの製品なのですが、明るすぎず暗すぎず、なかなか実用的。でも読書できるほど明るくはないので、夜中はこれをつけて青白い光の中で授乳しながら、iPhoneでメールやSNSのチェックをしたり、ゲームで遊んだりしています…(笑)
2009年の手帳
DSCF3846.jpg出産予定日の約3週間前に産休に入り、真っ先にしたことは来年の手帳の購入。産まれてからではゆっくり選びにいけないし、年末が迫ると選択肢も減りますから。

相変わらずQuo Vadisの手帳を愛用しています。このブランドは文房具屋では大体扱っているし、レイアウトや文字をすっかり見慣れてしまっていて、また一から使いやすい手帳を探すのは面倒なのです。

Quo Vadisの豊富な品揃えの中でも、ここ数年ずっと見開き左側が1週間、右側がメモになっているItalnoteを使用していました。コンパクトでスマートなサイズも気に入っていたのですが、2009年は仕事だけでなくプライベートでの書き込みが増えると思い、もう少し大きめのものを選ぶことに。
[2009年の手帳] の続きを表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。