Bxlog

2001年からブリュッセル在住の、日仏カップル。日・仏・白の話題を織り混ぜた、とりとめのない日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
5月は
花だらけで、1年のうち一番好きな月かも知れません。

フランス、スイス、ベルギーなどでは5月1日に親しい相手に幸福のシンボルとしてすずらんを送る習慣がありますが、今年はたまたまこの日に義妹カップルが遊びに来て、すずらんの入ったアレンジメントを持って来てくれました。

私が彼らに用意していたのはごく小さな鉢で、しょぼくて申し訳なかったですが、同時にほんの数本束ねただけでも可愛くサマになるすずらんて、なんて贈り物に適しているんだろうと改めて感心。

今月に入って天気のよい日が続き、テラスにはアイビーゼラニウムを植えました。忙しくてどうせあまり手入れもできないと思うので、今年植えるのはこれだけで、ハーブ類を育てるのはやめとこうかな。なんて考えながらテラスの掃除をしていたら、茗荷の芽が5本も出ているのを発見。マイナス10度以下が続いた厳しい冬で、わたしも出産直後でホントに何も手入れができなかったので、さすがにもうダメになったと思っていたのに!しかも毎年本数が増えてる…すごい生命力です。

DSCF4063.jpgそうこうしているうちに誕生日がやってきて、ニコラに今年は食卓に飾れる小ぶりのアレンジメントをもらいました。

もともとブーケもアレンジメントも小さなのが可憐で好きなのですが、いつも直径40cm以上の大きめブーケばかりだったので、リクエストしたのです。男の人は単に、大きい方が喜ばれるだろうと思うのでしょうけど。
[5月は] の続きを表示する
穴とアヒル
DSCF4004b.jpg

これはなんでしょう?
[穴とアヒル] の続きを表示する
その後の日々
IMG_0318b.jpg産休中は昼寝が出来ていたので、職場復帰してすぐの頃はとても元気だった私。それがだんだん色々スローペースになって来て、あれー疲れが取れない…なんて思っていたら、復帰して1ヶ月目頃、体調を崩して3日ほどダウンしました(お陰で体重が妊娠前に戻りましたが…笑)。

病床でここ数ヶ月のことを振り返ってみたところ、週末は友人を招いて食事やお茶をすることが多く、そうでない時はニコラの実家に行っていたりしていて、やっぱりあまり休めていなかったんだな~。まだ夜中に2~3回起きるので、まとめて5時間以上眠れていないし、水曜日は育児休暇なので仕事はないものの、丸1日育児だから思い切り休めている訳ではないし。

元々朝は早めに起きてゆっくり支度するタイプだったのですが、特に今月に入って離乳食準備を始めてからというもの朝がとにかく忙しくなり、慌ただしく出かける毎日でした。朝のうちに慌てたり、疲れてしまうと、職場に着いてからもどうも余裕がなくて、失敗ばかり。上司は理解のある人で、日本より産休が短いから大変ですね、なんて気遣ってくれるのですが、復帰したからにはあまり甘えてはいられません。

そこでニコラと相談して、今週から子供の朝の支度を手伝ってもらうことに。ニコラは早く仕事を終えて託児所へ迎えに行けるよう、私より1時間早く家を出るので、子供を今までより少し早く起こさなければいけなくなりましたが、お陰で万一出かける前に服を汚されたりしても余裕を持って対応できるし、朝少しでも3人で過ごす時間が取れるようになりました。

朝の20分間が変わっただけで、睡眠時間が増えた訳でもないのに、今週は随分身体が楽でした。仕事もはかどって、夕食もちゃんと作れました。寝る前に簡単に片付けをする余裕もできました。

ああ、良かった。やっぱり、ちゃんと食べて、家の中が適度にスッキリしていれば、大丈夫。また自分らしく、毎日を楽しく過ごすことができそうです。もうちょっと体力もつけないといけないんでしょうけど。

以前取引先の、とてもよく働くフランス人に、日本人の同僚が「良い仕事をする秘訣」を聞いたところ、「プライベートが充実していること」と即答していました。確かにちゃんと働くけれど休みはしっかり取る人でしたし、バカンス大好きなフランス人らしい答えにみんな笑って場が和んだのでしたが、その言葉が身に沁みている、今日この頃です。
職場復帰
今週から仕事を再開しました。これから15ヶ月間は、週4日勤務で水曜日は育児休暇ですが。

ベルギーの育休の取り方は、
1.完全休暇を3ヶ月、
2.半日勤務を6ヶ月、
3.週4日勤務を15ヶ月間、
の3通りから選べて、それぞれ3分の1ずつの区切りで取得形式を切り替えることも出来ます。

まず、途中で切り替えるのは面倒なので(あと子供の生活リズムもコロコロ変えたくなかったし)どれか一通りに絞ることにして3.を選んだわけですが、1.だと育休明けにフルタイムにいきなり戻るのがキツそうだし、2.だと半日ずつでは仕事もプライベートも時間をうまく使えそうにないと思ったからです。

息子は2週間前から託児所で慣らし保育(毎回少しずつ時間を延ばしていく)を始めてあったので、保育士さんたちにもすっかり慣れて機嫌良く通っています。朝託児所へ連れて行くのが私で、夕方迎えに行くのがニコラ。日本に比べて産休が短いので、日本の方々にはご心配いただくことが多いのですが、まだ小さいからかえって置いて行かれるという意識がないようで、本人はケロッとしているので、これがあと数ヶ月先だったらもっと大変だったのかも知れない、と思うことにしています。

そして、仕事。産休中の育児も楽しかったけれど、久しぶりにまとまった時間何かに集中するということが新鮮で、楽しい!最初は延々と溜まったメールの整理か…と思っていましたが、上司が適度な量の仕事を用意してくれていたので、あっという間に時間が過ぎて助かっています。

まだちょっと、休みボケが残っている気もしないではないですが、ボチボチ慣れていくと思います。あとは早くもう少し暖かくなるのが、待ちきれません。今週も寒いです。
ある日の午後
DSCF3971.jpgもう2月になろうとしています。

息子の慣らし保育も始まり、徐々に生活のリズムが整いつつあります。あと10日足らずで産休(プラス有給数日)が終わり職場復帰なので、年越しを挟んでしまい会えないでいた友人たちが、最近子供の顔を見がてらお昼やおやつの時間に顔を見せてくれています。

写真はtomoさんが来てくれた日のお茶の準備。mixiで見つけて気になっていたガトーショコラの簡単レシピを試してみました。タブレットチョコを溶かして、卵と一緒にハンドミキサーでよく混ぜて、焼くだけという大胆なレシピを、家にある型に合わせて分量調整してみました。この日はチョコ300gにLサイズの卵4つで、20cmの型に入れて180度、30分。つぶれ過ぎないよう、焼成後はしばらくオーブンに入れっぱなしで冷ましました。

焼いた後冷蔵庫で冷やすとしっとりとガトーショコラらしくなるということだったので冷やしてみたら硬くなってしまって、やっぱりこんなレシピじゃこんなもんか…と思ったのですが、後から軽く温めてみたら美味しく食べられました。アレンジも簡単にできそう。

この日の慣らし保育は2時間と短い時間でしたが、その間に材料調達から出来上がりまで余裕の早さ。掃除をしている間に焼けてしまいました。こういう簡単レシピ、これから重宝するだろうな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。